Ten c(テンシー)【ANORAK】”ベンタイルミリクロス”アノラックJacket☆#659 OLIVE


「The Emperors New Clothes」をコンセプトに、
すべての製品に完成度の高さを感じることができるブランド「Ten-C」

そのこだわりは機能性やデザインを追及するというものではなく、「本気で死ぬまで着れる服を作る」という
テーマに基づいています。《 Ten-C 》の製品には、「高密度ナイロンベンタイルミリクロス」と呼ばれる、
日本の企業と共同開発した生地がボディに使用され、雨風をしっかりと防ぎ、かつ通気性も良いという
特徴を持っています。そして、着用を重ねるたびにオーナーの体に馴染んでいき、レザーのような
エイジングも楽しめるという、一般的な化学繊維には無い魅力があります

Stone island(ストーンアイランド)のDivid-tcは生地を研磨していますがが、Ten-cのベンタイルミニクロスは、
あえて研磨をかけず起毛させた自然な硬い生地のままで、この生地感が本当にたまりません

デニムジャケットのようにパッカリングができたり、擦れた部分は光沢が出たりシワが馴染むと、
まさに雰囲気抜群のジャケットとなります。別売のダウンライナーを装着すると、真冬でもばっちりです
非常に丈夫な軍用生地ですので、撥水性も良く、防風性も極めて高いのでバイク等にもオススメです。
個人的には厚手のインナーダウンを中に入れて、アウトドアウェアとして活用したいですね。
野暮ったくジーンズやカーゴパンツに合わせてブーツが鉄板ですね!
私も所有して3年目ですが、光沢感とパッカリングが最高にカッコイイです

楽天でTen-c(テンシー)を検索する

SUPREME シュプリーム ×Louis Vuitton 17AW Danube PPM ショルダーバッグ 赤 Size


「SUPREME創立者ジェームスは89年、NYで”Union”というセレクトショップを出す。 ある日お店にショーンステューシーが遊びに来るようになり、二人でNYにStussyのショップを開くことに、後にNYにストリートウェアを持ち込むことに成功した。ジェームスは巷に増え始めたスケートショップのやり方に疑問を抱くようになる。 スケートシーンはとても外部から独立しているし、排他的なところが魅力的だと思っていた彼は、スケーターだけのための真のスケートショップをと考るようになる。 ラフすぎず綺麗すぎす、その中間に位置するようなものを、そうして生まれたのがSupreme。」

東海岸のスケーターブランドが、まさかハイブランドの帝王Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)がコラボするとは
前々からかつての裏原ブランドの中でも、群を抜いて人気を貫いてきましたが、ついにここまできましたか。
真っ赤なロゴマークにルイ・ヴィトンのマークは本当に奇抜で目を惹きます。
個人的には小物~ショルダーバッグレベルのアイテムであれば日常の着こなしのアクセントとして合いますね。
真っ赤なカラーはシンプルなモノトーンコーデにビビッドな差し色を入れてくれると思います

個人的には財布が欲しいのですが、やはり人気度は高くプレミア価格です。
再販もありませんので、頑張って買うしか手はないかもしれません。
パーカーやスニーカーなどなら手が出やすいかもしれませんので狙い目です

楽天でSUPREME シュプリーム ×Louis Vuittonを検索する

アトランティックスターズ/Atlantic STARS メンズ スニーカー SIRIUS TM3 81N (カモフラカーキ)


『Atlantic STARS(アトランティック スターズ)』は、1980年代のランニングスニーカーを復刻させたいという情熱
から生まれ、80年代ファッションの独特なカラーやディティールを再現することに力を入れているブランドです

製品は、全てイタリアの職人によるハンドメイドで、定番色からビビッドな色使いまで種類は様々です。
履くだけで4cm底上げ効果が得られるとも言われる厚底も、スリムな着こなしにはピッタリですね

定番であればスキニー~スリムシルエットの薄い色かホワイトジーンズに合わせると綺麗です。
またトップスは、清潔感や大人びた印象を出したければリネンシャツを腕まくりするのが鉄板ですね。
ヤンチャっぽく、スニーカーの色を拾ったビビッドなカラーのビックシルエットのTシャツもおすすめです。
ただし、あまりアクセサリを多用しすぎると爽やかよりもチャラっぽく見えるので注意が必要です

私個人としては、モノトーン系の着こなしが多い方であれば、あえて足元にはビビッドなカラーを選択し、
ダメージジーンズなど派手目な服装が多い方は足元にやや落ち着いた配色を持ってくると良いと思います。
いずれにせよ、スニーカーとしてもしっかりとした造りで履き心地も非常に良いので、
シンプルにジーンズやTシャツに合わせても充分使いこなせる逸品だと思います。

楽天でAtlantic STARS(アトランティック スターズ)を検索する

キーン ユニーク オーツー O2 KEEN キーン


「私達は、仕事、娯楽、そして何かに還元することに時間を割き、多彩な生活を送っています」という
HybridLifeをスローガンとする2003年に創業されたブランドKEEN(キーン)です

ユニークな外観と快適な履き心地を両立するフットウェアのメーカーですが、一押しはこのuneek(ユニーク)です。
全て紐で成形されたサンダルで、一般的なサンダルよりも動きやすく、通気性も抜群です。
色展開も多く、街履きからアウトドアレジャー、山や海まで万能選手となるでしょう

私も所有していますが甲高の人はブーツサイズから+1cm(スニーカーサイズ+0.5cm)、
普通の甲の人は、スニーカーサイズと同様ぐらいがおすすめです。
個人的には、ゴムをきつく締めずスリッポンのように履きこなすのがオススメです!

この爽快感は一度味わったら手放せません。長時間歩いても、ソールの反発が優れており疲れにくいです。
昔はクロックスが大流行しましたが、より快適性が高い点で新定番となるのはこれだと思います。
実店舗だとカラーバリエーションやサイズ欠けが多いので通販をオススメします。
シンプルなものから、派手なビタミンカラーまで好みで選びましょう

楽天でKeen(キーン) uneekを検索する

Boncoura ボンクラ (シンチバック) デニムパンツ ジーンズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Boncoura ボンクラ 【シンチバック】 デニムパンツ (インディゴ)
価格:32400円(税込、送料無料) (2017/7/18時点)


デザイナーの森島 久氏が2011年に立ち上げたブランド、Boncoura(ボンクラ)です
デニムアイテムを中心としたニュースタンダードな着こなしがシンプルで男らしいですね!

私はジーンズをベースにした着こなしを重要視しているので、生地感の良いデニムは必須です
さらっとしたシャツに、ロールアップしてシンプルにコンバース辺りを合わせるのも爽やかですね。
これからの季節であれば、VANS(バンズ)のスリッポンやローファーも良さそうです。

上に合わせるアイテムはド定番のTシャツも悪くないですが、やはり麻(リネン)生地のシャツを
腕まくりするのが定番でしょう。軽めのレザーブレスや時計などでアクセントがあれば、清潔感が出ます。

パナマハットやサングラスなども足したくなりますが、足し算をし過ぎるとゴチャゴチャとなってしまいます。
デニムを際立たせるのであれば、バッグなどを含めてあくまでシンプルなのが原則です。
濃いめのアメカジ路線であれば、アロハシャツか開襟シャツに合わせてキャラを立てましょう
ひげ面など濃い顔の人は、ハンチング帽などに合わせても、男らしくてキマリます!

楽天でboncoura(ボンクラ)を検索する

New Blance(ニューバランス) M2040 GL2 HORWEEN (ホーウィン)社製ヌバック/Made in USA/アメリカ製

DSC_0092_01.jpg
New Blance(ニューバランス) M2040 GL2
HORWEEN (ホーウィン)社製ヌバック/Made in USA/アメリカ製(私物)

1906年、ボストンで矯正靴の製造メーカーとしてスタートした、
人気ランニングシューズ・スニーカーブランドNew Balanceです

ついにNew BalanceのフラッグシップモデルであるM2040 GL2を購入いたしました!
過去、定番モデルである576や1400を愛用してきましたが、最高級モデルがどうしても欲しくなりました。
スニーカーで定価40,000円というのは、ハイブランドを除けば手が届きにくい高価格ですね。

過去の記事でもNew Blanceの魅力を紹介しましたが、
特に昨年から今年にかけてのスニーカーブームは、面白いですね!
特に、オシャレな女の子を中心に、New BlanceやReebok(リーボック)が流行しているようです。

スニーカーに関しては、その研究が日進月歩しているため、高い安いの値段に関わらず、
ある程度のスポーツメーカー品であれば、サイズと幅に気をつければ満足の行く履き心地が得られます。
あえて高価格を選ぶ理由は、やはり靴愛好家特有の好奇心というわけですね

M2040 GL2の履き心地は、本当に素晴らしい!
例えるなら、地面に厚さ1cmのスポンジを敷いてその上を歩いているような心地よい感触。
階段を上り下りしてもストレス無く、長距離をガシガシと歩くことができること間違いないです。
履き込んだ革靴とはまた違った跳ね返りの心地良さはたまりませんね!旅行にも使えそうです。

個人的には、スニーカーは発色の良いスポーティーなモデルより、地味で暑苦しいのが好みです
こういった色味であれば、軍パンやデニムショーツに合わせても違和感がありません。
オシャレ上級者であれば、トラッドなコートやジャケットにハズしとして使いそうです。

服装の系統にもよりますが、発色の良いモデルも合わせやすいですね。
アウトドア系のアウターやダウンジャケットに合わせるにはピッタリです。
軽くて丈夫で履き心地の良いスニーカーは、一つ持っていると本当に便利ですヽ(´ω`)ノ

img10033740915_01.jpg
楽天でNew Blance(ニューバランス)を検索する

唯我独尊なコラム41「日常に溶け込む一流品」

DSC_0086_01.jpg
楽天でJUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン)を検索する


サンダルにしても、ブーツにしても、気負いせずに日常使いできるようなものが好きだ。
適当なジーンズやチノパンに、さらっと合わせて出掛ける。
履き潰しているので、色褪せもあるし傷や型崩れもあるが、独特の風格もある。

毎日のように履くせいか、インソールは自分の足型に馴染んで心地よい。
雪駄のようにカカトが少し出ればとワンサイズ落としたが、次第にアッパーが
自分の甲に合わせて伸びて、吸い付くようなフィットに変わる。

時々、サドルソープで丸洗いをして清潔にしてやる。
そして、またいつも通り足を通して、お気に入りの音楽を聴きながら出掛ける。
ロールアップしたジーンズにも合うし、色褪せたチノパンにもよく合う。

ブーツは、履き心地が良いことを何より重視する。
一流の革を使ったブーツは、やはり雰囲気があって高級感もある。作りも丁寧だ。
でも、ジーンズに気軽に合わせたり、それを履いて旅行に出掛けるには少し躊躇する。

雨や砂まみれになったりしても神経質になることもなく、長距離を歩いても疲労が溜まりにくい。
砂利道や石畳でもストレスなく歩く事ができ、脱ぎ履きもしやすい。
海外出張や小旅行には、そういったブーツをお供にすると、本当に楽しいし楽だ。

手入れをきちんとしたら、独特の風格が出てくる。
光の加減によって、表面の油膜がさまざまな表情を見せてくれる。

Blundstoneの新品は、ゴム長靴のような雰囲気であまり人気がないようだが、
店頭で並んでいる姿だけで判断するのはとても勿体無いと思う。


DSC_0088_01.jpg
楽天でBlundstone(ブランドストーン)を検索する