スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARC'TERYX(アークテリクス) Beta AR Pants/ベータAR パンツ GORE-TEX Pro Shell 3L/ゴアテックス プロシェル 3レイヤー

340-7049-1.jpg
ARC'TERYX(アークテリクス) Beta AR Pants/ベータAR パンツ
GORE-TEX Pro Shell 3L/ゴアテックス プロシェル 3レイヤー 52,000円


カナダ生まれの最先端アウトドアブランド、ARC'TERYXです

ARC'TERYXは、私も大好きなブランドでいつも愛用しているのですが、
何といっても、使われている最先端ファブリックや人間工学に基づいた立体裁断など
細部にまでこだわった物づくりが徹底されている点が素晴らしいです。

このパンツも当然、GORE-TEX Pro Shell 3L(ゴアテックス プロシェル 3レイヤー)仕様で、
解剖学に基づいた立体裁断(アスレチックフィット)が採用されています。
4種類あるフィットの中でも、最も細身でありながら動きやすいアスレチックフィットは、
ARC'TERYXのパンツの中でも、最もハイエンドなモデルになります
(他に、リラックスフィット・トリムフィット・ネクスト トゥ スキンフィットがあります)

実は、私もAlpha LT JAKETとセットで愛用していますが、その使い勝手は最高です!
暴風雨の日に買い物に行く時でも、上下セットで着用すれば全く濡れませんし、蒸れません。
当然ながら、登山の時などにもヘビーユーズしていますが動きやすく、非常に丈夫です。
咄嗟の時にでも、全く雨が侵入してこないので体力的にも消耗しません。
『信頼性』というのが、やはりアウトドアウェアでは一番重要だと実感します。

そして、意外なことに普段着のハズシとして着れちゃったりもします
ここ最近、こういった高性能なナイロンパンツとBDシャツなどを合わせたスタイルが、
原宿などを中心に流行しており、アーバンアウトドアスタイルとして人気です。
PARABOOT(パラブーツ)や、White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)、
BLK(ビーエルケー)など都会的なイメージを持つアウトドアブランドと組み合わせることで、
今までの定番とは異なった、新しい着こなしができますね。

ちなみにGORE-TEX(ゴアテックス)の手入れですが、
石鹸水か中性洗剤で普通に洗濯をして、乾燥機にブチ込んじゃってください
乾燥機が無い方は浴室乾燥させるか、タオルを当てて低温でアイロンがけなどでも結構です。

私の経験上、こういった最先端のファブリック(GORE-TEX)が使用されたアウトドアウェアは、
やれショップで売っている専用洗剤じゃないと撥水性が失われるんじゃないかだの、
そもそも水洗いはできないんじゃないかだの、そういったイメージが付きまといますが、
3年以上、ガンガンと使用と洗濯を繰り返した実感としては、まったくそういった事はありません。

むしろ長時間雨に打たれたり、汗の塩分や油脂が残った状態のまま放置した方が、
生地をベタつかせてしまい、撥水性を失わせたり、生地を傷めてしまう事の方が多いです。
洗濯の際に、表面に洗剤が残っていると機能低下するので、念入りにすすぐ事と、
一定の熱を与えて生地をパリッと乾燥させるという2点だけ注意すれば、問題ありません。
(GORE-TEXの公式サイトでも家庭洗濯機での定期的な洗濯を推奨しています)

初期投資は、間違いなく高いです。
ですが使用頻度が増えていくにつれ、買って良かったと思える逸品を選びたいですねヽ(´ω`)ノ

showroom_convert_20101004051745.jpg


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。