jun hashimoto(ジュン ハシモト) レザーシャツ カウハイド/牛革 ウォッシャブルレザー/洗い加工

let005wcf01-01.jpg
jun hashimoto(ジュン ハシモト) レザーシャツ
カウハイド/牛革 ウォッシャブルレザー/洗い加工 128,000円


C.DIEM(カルペディエム)で服作りを学び、国内でwjk(ダブルジェイケイ)を設立した、
カリスマプロデューサーの橋本 淳氏率いるブランドjun hashimotoです

今では様々なブランドからリリースされている、ウォッシャブルレザー(洗いのかけた革)を
一番最初に作りだしたのはカルペディエムですが、その風格がまさに見て取れますね。
シボ感のあるしなやかな牛革と、スリムシルエットはまさにレザーシャツの王様です。

とは言え、本家カルペディエムの物真似というわけでは無く、
wjk、そしてjun hashimotoという過程を経て洗練された同氏のカスタムが施されています。

例えば、ボタンはシルバー925製ではなく、アルミニウム合金(ジュラルミン)を使用しており、
より丈夫でそして錆びにくく、シックな着こなしに合わせる事ができます
また当然ながら日本製という事もあり、良い意味でイタリア製にはない細やかな縫製も見られます。

特に私が素晴らしいと感じたのは、やはり革質ですね。
天然の皺やシボ、傷や色あせなどが入った革は、非常に風格がありエイジングが楽しみです。
洗い加工もヴィンテージ感があり、マットなオイルドレザーのレザーシャツとは全く違います。
賛否両論あるとは思いますが、私はこの価格でも相応しいと感じます。

春先や秋口に一枚持っていると必ず重宝する逸品です。
インナーはシンプルなロンTやサーマルなどでも、十分決まりますしね
全体的に落ち着いたトーンでまとめると、レザーシャツが際立つと思います。

私の個人としては、中途半端な価格帯のレザージャケットを買うのであれば、
思い切ってこういった美しいシルエットと素晴らしい革質のものを買うべきだと思います。
「良いものを、長く使う」というのは、トータルで見れば必ず安上がりになります。

こういう逸品を是非とも着込んで、体に馴染ませてやってください。
その満足感は、何物にも変えられませんよヽ(´ω`*)ノ

201011000332-1.jpg
jun hashimoto(ジュン ハシモト) レザーシングルライダース 黒/ブラック 62,800円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック