スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯我独尊なコラム39「他人にはあまり理解されない価値観」

DSC_0012_01.jpg

自分には分不相応なものでも、使い込んでいくうちに自分の物になっていく。
細かい傷が増えていき、光沢が少しだけ鈍くなる。一方で、風格が出たようにも思える。

CHROME HEARTS(クロムハーツ)のアクセサリだろうが、HERMES(エルメス)のバーキンだろうが、
欲しいと思って頑張って手に入れた高級品は、愛用すれば自分の一部になる。
最初は強い違和感があったり、勿体無かったかもしれないと後悔することもあるだろうが、
何ヶ月も、何年も、大事に手入れをしながら大切にすることで魂が宿る。

気をつけたいのは、身につけるもの全てにこだわりすぎない事だ。
クセのあるものや高級品を身につける時は、他の部分はできる限りシンプルが良い。
できれば上質な物を身につけたいが、あえて安価なものを選択するのも良い。

古着屋で発掘した1940'sのヴィンテージジーンズに、Hane(ヘインズ)の無地ポケットTシャツ。
リサイクルショップで投げ売りされているレギュラー501に色褪せたvansのスリッポン。
シャンブレーシャツを腕まくりして、派手なサーフショーツとレザーサンダルを合わせる。

そんな手抜きでリラックスしたスタイルに、サクッとRolexを合わせるなんて最高の贅沢だと思う。

tumblr_nq2dwtULq11r1q2y7o1_1280_01.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。