スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WESCO(ウェスコ) JOHN HENRY'S CLASSICS/ジョンヘンリーズ・クラシックス BLACK TIE×BLACK PEBBLE/ブラックタイ ブラックペプルレザー

img59614462_01.jpg
WESCO(ウェスコ) JOHN HENRY'S CLASSICS/ジョンヘンリーズ・クラシックス
BLACK TIE×BLACK PEBBLE/ブラックタイ ブラックペプルレザー 76,000円


1918年米国オレゴン州の自然に囲まれた小さな山間の町スカプースで創業され
バイカーや木こり、消防士などハードな用途に向けたワークブーツを生産するブランド、
West Coast Shoe Company(通称 WESCO)です

もし制服や作業着で仕事をするのであれば、足元は絶対WESCOですね
エンジニアブーツが理想ですが、やはり足首周りの自由度や脱ぎ履きを考えると短靴です。
定番のデザインと堅牢性、そして独特の野暮ったさがJH CLASSICSの魅力ですが、
やはり新品のままの姿ではその価値は半減してしまうと思います。履いてナンボですね。

繰り返される動作による深く細かいシワ、作業中の傷や擦れ、飛び跳ねた汚れやオイル。
知らないうちに入る深い傷と、剥げてしまった表面のレザーとのコントラスト。
時には風雨にさらされて光沢を失い、ぬかるんだ土に突っ込んでドロドロになるソール。
たまにはサドルソープで丸洗いをしてやり、メンテナンスに蜜蝋を塗りこむ。

想像するだけでヨダレが出てきますね~
過酷な環境に耐えることができるワークブーツという謳い文句を実践するのは最高です。
遠慮なく、気にすることなく、毎日毎日意識することなく履き潰す。
ソールがすり減れば張替え、ステッチの解れや擦れが酷くなれば修理屋に持ち込む。
そしてボロボロに傷ついたアッパーを磨いてまた仕事へと臨む。

ワークブーツは新品が一番恰好悪いですが、WESCOは特にそう思います。
型崩れしてソールが反り返って表面の光沢が鈍くなってきてナンボです。
メンテナンスが面倒臭い人ほどWESCOを選ぶと良いと思います。

ヤバイ、めっちゃ欲しくなってきたヽ(´ω`)ノ

011301000574_1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。