唯我独尊なコラム30「ビジネスシューズはどうあるべきか」

420-00_02.jpg
Blundstone(ブランドストーン) 063
Side Elastic Gored Boot/サイドゴアブーツ スクエアトゥ
ブラック/黒 19,800円


1880年代にオーストラリアのタスマニア島を拠点に、
労働者の靴を提供することをコンセプトに創業されたブランドBlundstoneです

私も絶賛愛用中のBlundstoneですが、本当に履き心地は素晴らしいですね。
非常に軽量でありながら堅牢、クッション性が抜群なので疲れ知らずです。
私の職場はビジネスカジュアルなので、やや丸みのある定番モデル500を履いていますが、
スーツやスラックスに合わせるのであれば、やはりスクエアトゥの黒色だと思います。

私もスーツで働いていた頃は、Regal(リーガル)のストレートチップやモンクストラップを
履いていましたが、そういった履きこなしをしている人が少なかったのが印象に残っています。
いわゆる餃子靴であったり、ウォーキングシューズやトンガリ靴など多種多様です。
金融関係であればもちろんストレートチップ一択なのでしょうが、いろいろな業種・職種が
世の中には存在している以上、一概に決め付けるのも良くないのかもしれませんね。

私の業種・職種でいえば、ビジネスシューズに求めることは履き心地と丈夫さです。
とにかく長時間履いていても疲れにくく、そして歩きやすいこと。
色々な場面で過酷に履いてもボロボロになるどころか光沢感が増して風格がでること。
そういった基準に基づいて靴選びをしています。

例えば営業職であれば相手がどういったタイプの人間なのか。
BtoBであればやはり相手に対する礼儀としてストレートチップが好印象ですが、
各家庭を訪問するような業種であれば、脱ぎ履きしやすく歩きやすいものが求められます。

そういえば鉄鋼業界で働く友人はスーツにエンジニアブーツを履いています
ビジネスマナー的にはNGですが、そのこだわりは非常に面白いと思います。

私の中で最もオススメするビジネスシューズはParabootですね
全天候型で履き心地も良く、ラバーソールの減りも非常に少ない。最高のバランスです。
グレー系のスーツであればオシャレに合うと思いますが、普通の濃紺スーツでも大丈夫です。
世の中のサラリーマン全てが、そこまできちんとした革靴なんて履いていません。

ちょっとぐらい洒落っ気があるぐらいの方が楽しく生きられますヽ(´ω`)ノ

10003736m_01.jpg
楽天でParaboot(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)を検索する
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック