唯我独尊なコラム22「ブーツはレースアップよりもプルオン派です」

IMG_2418_01.jpg
RRL/DOUBLE RL(ダブルアールエル)
Congress Boots/サイドゴアブーツ USNサービスシューズ(私物)

「AMERICAN VINTAGE&COUNTRY WEAR」をコンセプトに1993年に立ち上げられ、
素材や加工、染み一つまで細かく計算されたウェアに定評があるヴィンテージライン、
RRL/DOUBLE RLのCongress Boots(サイドゴアブーツ)です

先日買ったBlundstone(ブランドストーン)500を仕事中に履いているのですが、
これが思った以上に素晴らしい履き心地で、野暮ったく脱ぎ履きしやすい事もあってか、
すっかりサイドゴアブーツの魅力にハマっちゃいました 包み込まれる感触が最高。

私は他にもJ.M.WESTON(ジェイエムウエストン)のチェルシーブーツを所有していますが、
ドレッシーな雰囲気が強いので、そちらはやはりスーツやジャケパンスタイルに合います。
ジーンズに合わせる事もありますが、世界最高峰の革質と造り故に何故か違和感が

そこで501XXやパイプドシルエットの野暮ったいボトムスに合うサイドゴアがないかなと、
探してみたところRRLのCongress Bootsというのを発見したので即購入しました!
US.NAVYで採用されていたサービスシューズをデザインソース(復刻)としており、
無骨で野暮ったい雰囲気がプンプン漂っているのが、本当に魅力的です

革質についてはシワや傷痕、血筋がやや目立ちますが、磨き込んだら鈍い光沢が出てきて
これがまた色落ちしたヴィンテージ501XXと絶妙なバランスで最高です。
アッパーのステッチはとても綺麗で、ソールのピッチ間隔も非常に細かく丁寧なあたり、
あえて革質を野暮ったくエイジングするようなものを選択したのかもしれません。
ファクトリーは不明ですが、シルエットや雰囲気から欧州メーカーのような気もします。

ちなみに、これを買うためにWESCO(ウエスコ)のBOSSを友人に売ってしまいました
Rios of Mercedes(リオスオブメルセデス)のEVAソールRoper Bootsを購入してからは、
履く頻度が激減したことと、スチールトゥ+ビブラム#100の重さはキツくなってきました。
(友人はエンジニアでBOSSを欲しがっていたのでガンガン履いてくれるはずです

さぁて傷だらけでクタクタになるまで履き込みますよ~ヽ(´ω`)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック