Blundstone(ブランドストーン) 903 Side Elastic Gored Boot/サイドゴアブーツ キャップトゥ ダークブラウン/濃茶

420-00_01.jpg
Blundstone(ブランドストーン) 903
Side Elastic Gored Boot/サイドゴアブーツ キャップトゥ
ダークブラウン/濃茶 21,800円


1880年代にオーストラリアのタスマニア島を拠点に、
労働者の靴を提供することをコンセプトに創業されたブランドBlundstoneです

「ワークブーツ」と言えば誰しもがRED WING(レッドウイング)やWESCO(ウエスコ)、
WHITE'S(ホワイツ)などの有名ブランドを連想しがちですが、私はやや違います。

当然ながらワークブーツは用途によって細分化されており、
例えば機械技術者であればエンジニアブーツ、林業労働者であればロガーブーツ、
農業従事者であれば長靴など、機能性や安全性に沿った形にて選ばれます。

では、ワークブーツは重厚で堅牢なものが優れているのか?

例えば医療従事者にとって最適なワークブーツの特徴を上げると、
「脱ぎ履きがしやすく、長時間立っていても疲労しにくい」
「清潔感があり、濡れた床でも滑りにくく、歩行音が極めて小さい」などです。
そういった現場においてふさわしいワークブーツは何なのか、極端に言えば、
crocs(クロックス)やサボサンダルのようなタイプが最も望ましいと言えます。

私は機械技術者ではないので分厚い鉄芯が入った安全靴を履く必要がない。
もちろんファッション用途であればガンガン履き込むのですが、
デイリーユーズで履くならば、もっと機能性が高く履きやすいものが良いと思います。

------さて前置きはここまでにしておいて。

そういった点においてBlundstoneのような位置づけのワークブーツは素晴らしいです!
脱ぎ履きのしやすいサイドゴア、堅牢で耐久性・防水性に優れたオイルドレザーのアッパー、
インジェクション・モールディング製法やSPS(ショック・プロテクション・システム)と呼ばれる
ソールデザインにより確保された軽量で快適な履き心地と歩行性、そして価格。
あらゆる面において優れたこのワークブーツこそ場所を選ばないオールラウンダーです。

私の経験談でもあり、皆さんの中にもおられるかと思いますが、
せっかく高価で上質なワークブーツを買ったのに、「自分には重すぎて疲れやすい」
「靴擦れが酷くて履く気になれない」「脱ぎ履きしにくいので、気軽に履けない」などの
理由で手放してしまう場合があります。そういったのは本当に勿体ないです。

であれば、私個人としては快適性に優れたワークブーツを絶対におススメします!
オイルドレザーは新品ではやや野暮ったく、もっさりとした印象がありますが、
そんな事を気にせず暴風雨の中でも毎日ガンガン履き込むぐらいのノリで愛用すれば、
上質なレザーにも負けないぐらいの光沢や奥深さが出てきて、メチャクチャカッコ良くなります。
野暮ったいパイプドシルエットのワークパンツなどと合わせると、最高ですね

履き込まれたワークブーツは、高級靴に匹敵するほど魅力的ですヽ(´ω`)ノ

08102903_01.jpg
P6222590_02s_01.jpg
楽天でBlundstone(ブランドストーン)を検索する
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック