スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯我独尊なコラム20「”なぜ”そのモノを選んだのかを問う。」

slow_4920003_sam_01.jpg
SLOW(スロウ) 栃木レザー株式会社 トートバッグ/TOTE BAG
MADE IN JAPAN/日本製 フルベジタブルタンニン鞣し/ヌメ革 39,000円


img58868294_01.jpg
SLOW(スロウ) 手染めサドルレザー トートバッグ/TOTE BAG
MADE IN JAPAN/日本製 フルベジタブルタンニン鞣し 39,000円


ブランドの世界観である「Sports/Luxury/Outdoor/Work」の頭文字をとって、
2008年に創業された日本のバッグ専業メーカー、SLOWです

日本発のブランドらしく、上質な素材とシンプルなデザインの組み合わせは最高ですね。
革を提供しているのは、これまた日本を代表する皮革製造メーカーの栃木レザーです!

私個人として、トートバッグはやはり緩くザックリと使える構造と充分な堅牢性があり、
使い込むごとに光沢や風格が出てくる上質で柔らかなレザー製を選ぶことをおすすめします。
休日に音楽プレーヤーや雑誌、携帯電話や手帳など好きな物を適当に放り込んで
目的もなくプラプラと買い物や散歩に出掛けるようなライフスタイルにぴったりの相棒です。

当然シンプルな構造だからこそ、レザーの質感が重要になってきますね
不要な金具やジッパーなどに頼らなくとも、素材や縫製の良さから高級感が漂います。
ガシガシと使い込んで傷や擦れ、色の変化が出てきてもそれがアジになるのが素晴らしいです。

特に毎日の仕事や通学などに気張らずラフに使い込むと良い感じに育ちそうですね!
雑誌や書類、パンフレットや専門書などをたくさん放り込んでも丈夫なのが頼もしいです。

さて、ここから先は個人的見解なので聞き流してもらえれば幸いですが、
「鞄」の選び方で性格まで変わります。もっと言えば、人生まで変わるかもしれません

カッチリとした堅牢な鞄を選び続ければ、気高く波乱万丈でストイックな人生になります。
逆に緩く楽に使える鞄を選ぶならば、心広く穏やかな生き方を手に入れることができます。
分厚く重い革の鞄を選ぶのは、自分の美学や哲学を最優先にする強く誇り高い人物だからです。
軽くて使いやすいキャンバスやナイロン製の鞄を選ぶのは、何より純粋で真っ直ぐだからです。

時に分不相応な超高級ブランドバッグに惹かれるのは、自信の無さの裏返しや虚栄という
単純明快な理由だけではなく、例えば社会の不条理や自分の中にある拭い切れない劣等感、
取り戻せない過去や将来に対する不安など前に、逃げることができず歯を食いしばりながら
必死に戦わなければならない状況で、強力なパワーアイテムを自分自身が欲しているからです。

もし今までとは全く違うような鞄に惹かれるようになったとしたら、
自分自身が人生に何か転機を求めている証拠なのかもしれません

新しい人生には、新しい相棒が必要ですヽ(´ω`)ノ是非。

img57549139_01.jpg
楽天でSLOW(スロウ)を検索する


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。