スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯我独尊なコラム19「履きやすさをとるか、品質をとるか」

IMG_2370_01.jpg
Paraboot(パラブーツ) CHAMBORD/シャンボード MARRON/マロン
オイルドヌバック GRAINE/スコッチグレインレザー(私物)

「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」を信念として、
1919年に創業されたフランスのシューズブランド、Parabootです

私も超愛用しているParabootですが、梅雨に向けて一足買い足しました!
型番は同ブランドを代表する「CHAMBORD」ですが、今回は素材に惚れ込んじゃいました

革の銀面(表面)をベルベット状に起毛させたヌバックレザーの光沢と質感は素晴らしく、
型押しされたグレインレザーはしなやかで丈夫なため、堅牢性と防水性に優れています。
また自社製のTEXソールも滑りにくく、耐摩耗性やクッション性が高いので、
雨の中でもスニーカー感覚でガシガシと履き込めちゃいますね!

同タイプの革靴ではJ.M.WESTON(ジェイエムウエストン)のゴルフが有名ですが、
私個人としては、品質や価格帯よりも履く人の気分や用途によって使い分けるべきと感じます。

ゴルフはアッパーの革質が本当に素晴らしく、造りも非常丁寧でさすが一級品だと思わせます。
また極めて堅牢性に優れており、ややタイトフィットのサイジングでパシッと合わせて、
数年~十数年かけて足に馴染ませると、最終的には極上のフィッティングとなります。
ですが履き始めは非常に硬く、時には激痛に悩まされたり靴擦れが起きる可能性があります

一方でCHAMBORDは独特の光沢や質感を持つ非常に柔らかな革質で、
やや造りは荒く野暮ったい雰囲気ですが、履き心地は文句なしに素晴らしいです。
初めて革靴を履くような人や、気軽にリラックスして履きたい人におすすめです。
もし旅行へ1足だけ革靴を持っていくとしたら、私はparabootを選ぶほどです

迷ったらどうするか。両方買って両方楽しめってことです。
一つしか買えないのなら………惚れちゃった方を選びましょうヽ(´ω`)ノ

111a270019m_01.jpg

_UED9561-thumb-autox480-23474_01.jpg
楽天でParaboot(パラブーツ) CHAMBORDを検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

Paraboot(パラブーツ) CHAMBORD/シャンボード MARRON/マロンオイルドヌバック GRAINE/スコッチグレインレザー(私物)「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」を信念として、1919年に創業されたフランスのシューズブランド、Parabootです私も超愛用して?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。