スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tricker's(トリッカーズ) CAP TOE BROGUE/キャップトゥ セミブローグ MARRON ANTIQUE/マロンアンティーク ダイナイトソール

1115120003m_01.jpg
Tricker's(トリッカーズ) CAP TOE BROGUE/キャップトゥ セミブローグ
MARRON ANTIQUE/マロンアンティーク ダイナイトソール 56,700円


1829年にノーザンプトンにて創業され、英国王室御用達(ロイヤルワラント)でもある、
MADE IN ENGLANDのドレスシューズブランド、Tricker'sです

Tricker'sといえばやはりウイングチップだろうという多数派の中、
最近、私が気になっているのはこういったキャップトゥ・セミブローグ仕様です。
ドレスシューズのような上品さとワークブーツの雰囲気を併せ持っているのが最高です!

個人的にTricker'sは新品が一番”カッコ悪い”と私は思っています。
おっと、そこのあなた怒らないでください!
こういった雰囲気を持つ短靴はそれこそ毎日ガンガンと履き込んでいった方が、
アッパーの質感に奥行きが出て、風格とともにカッコ良くなるものなのです

風雨にさらされて傷やシワが入ったアッパーにブラシをかけて丁寧にケアをする、
張り出したストームウェルトも所々が削れて下地の木目が出てきている…
たまにはサドルソープで丸洗いしてやり、シューツリーに入れて靴墨やクリームを塗り込む。
いやあ、最高すぎて言葉が見つかりませんね。ヨダレが出ます

しかもキャップトゥ仕様であれば、雨の中ガンガンと履き込みまくっても
トゥ部分はシワが入らないので、そのコントラストを楽しむ事もできます。
例えばトゥ以外のアッパーは無色のクリームを入れて自然な経年変化を楽しみつつ、
トゥだけはダークブラウンの靴墨を使って焦がし加工のように変化をつけていくなど、
好みに応じて、自分だけのエイジングを行う事もできます。

Tricker'sの革は新品ではマットで艶のない印象ですが、履けば履くほど濃淡が出て
革の質感に奥行きや透明感が出てくるのが本当に素晴らしいですね。
もちろんカントリーブーツに準ずる耐久性や全天候型のラバー製ダイナイトソール、
無骨な印象がある外ハトメなど細かいディテールも見逃せません
今季流行の兆しがあるブリティッシュ(英国)トラッドにも相性抜群です。

革靴はガンガン履いてこそ輝きますヽ(´ω`)ノ間違いないです

1115120003_01.jpg
楽天でTricker's(トリッカーズ)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。