スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RRL/DOUBLE RL(ダブルアールエル) スタッズエンジニアブーツ Julian boot/ジュリアンブーツ CAT'S POW/キャッツポゥ

img57589066_01.jpg
RRL/DOUBLE RL(ダブルアールエル) スタッズエンジニアブーツ
Julian boot/ジュリアンブーツ CAT'S POW/キャッツポゥ 110,000円


「AMERICAN VINTAGE&COUNTRY WEAR」をコンセプトに1993年に立ち上げられ、
素材や加工、染み一つまで細かく計算されたウェアに定評があるヴィンテージライン、
RRL/DOUBLE RLのスタッズ・エンジニアブーツです

WESCO(ウエスコ)のBOSSやTHE REAL McCOY'S(リアルマッコイ)の復刻エンジニアも、
素材感やシルエット、パーツのこだわりや造りの良さには定評がありますが、
やはりドストレートに古臭さが漂うポッテリトゥの茶芯エンジニアは素晴らしいですね!

こちらはRRLのMADISON店オープン記念に限定発売されたモデルで、
老舗ホーウィン社の肉厚オイルドレザーに希少なデッドストックのCAT'S POWソール、
一つひとつ手打ちされたスタッズや燻されたローラーバックルなど最高にカッコいいです
ファクトリーは米国のJulian Boots(ジュリアンブーツ)で、julian imario氏が手がけています。

またポッテリとしたトゥが古き良き時代の雰囲気をプンプンと発していて良いですね!
私はこういうブーツをガンガン履き込んで傷やシワでクタクタになったのが、
最高にオーラがあってカッコいいと思っています。もちろんヴィンテージ501に合わせてね
ソールは耐久性や実用性を優先してかVibramソールを張っている仕様ですが、
あえてソール交換時にダブルレザーソールに張り替えても、よりいっそう雰囲気が出ますね!

ド定番のアメカジを避けるのであれば、ツイードの3ピーススーツに合わせてみたり、
Barbour(バーブァー)などブリティッシュトラッドでタイドアップしても雰囲気が出ます。
昔の映画に出てくるような「古臭い」着こなしをあえて今の時代にする事こそが、
最高にオシャレで個性的で、最先端を生きているように思えてくるような今日この頃です。

エンジニアブーツは新品よりも10年先の方がカッコイイヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。