スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jason Takala(ジェイソン・タカラ) ホピ族モチーフ 14金マン・イン・メイズ オーバーレイ リング/指輪

hri-0169a_01.jpg
Jason Takala(ジェイソン・タカラ) ホピ族モチーフ
14金マン・イン・メイズ オーバーレイ リング/指輪 73,500円


言わずと知れたホピ族の巨匠、Jason Takala氏製作のリングです。
繊細なオーバーレイと14金のマン・イン・メイズのモチーフが特に有名です

季節の変わり目で暖かくなってくると、服よりもアクセサリ類が気になってきますね。
私は昔からアクセサリを集めるのが好きで、一時期は次々と購入していましたが、
最近は、お気に入りのアクセサリをずっと使い続けるようになってきました。

アクセサリを選ぶ時に最も重視する点は、「自分のキャラクターに合っているか」です。
その人が持つ雰囲気やライフスタイル、好きな音楽や服装、体型などを考えて、
できる限り違和感がないような選択をすると、しっくりとハマります
私はロックなイメージがあまりないので、CHROME HEARTS(クロムハーツ)などよりも、
goro's(ゴローズ)やこういったネイティブアメリカンモチーフのものを愛用しています。

こういったアクセサリは、ほとんどが高価である事が多いですが、
単なる装飾品ではなく、アーティストが手作りをしている「芸術品」として捉えると良いです。
Jason takala氏もとても著名なアーティストで、非常になめらかで細やかなオーバーレイや、
マン・イン・メイズのアイコンは大量生産の工芸品とは伝わってくるオーラが全く違います

ぜひこの夏は、鍛え上げた筋肉質の小麦肌にシンプルなTシャツとジーンズ、
そしてサラッとこういった上質のアクセサリを合わせてください!カッコ良すぎます
黒ずんだり表面に傷を入ることを気にせず、ガンガンと何年も愛用していくと素晴らしいです。
そして、いつかそのアクセサリが「自分のキャラクター」として取り込まれます。

細身のバングルなども、手首周りのちょっとしたアクセントになって良いですね。
普段あまりアクセサリを付け慣れていない方は、できる限り細身なのを選ぶと失敗しません。
芸術品の域のアクセサリは、細身でもオーラが充分過ぎるほどあるので大丈夫ですヽ(´ω`)ノ

lt2009_01.jpg
楽天でインディアンジュエリー・ホピ族モチーフを検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。