スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tricker's(トリッカーズ) M2508 別注カントリーブーツ Green/グリーン ダイナイトソール

img57536635_01.jpg
Tricker's(トリッカーズ) M2508 別注カントリーブーツ
Green/グリーン ダイナイトソール 56,700円


1829年にノーザンプトンにて創業され、英国王室御用達(ロイヤルワラント)でもある、
MADE IN ENGLANDのドレスシューズブランド、Tricker'sです

以前の記事では、Tricker'sのパープルスエードのカントリーブーツを紹介しましたが、
今回は発色が良いグリーンの表革仕様のものを紹介致します!

いやあ、やはりTricker'sの定番カラーであるMARRON ANTIQUE(マロン・アンティーク)や、
ESPRESSO BURNISHED (エスプレッソ・バーニッシュ)も素晴らしいですが、
こういった遊び心があるカラーも、オシャレで良いですね

パープルやグリーンという色は、色の分類の中でも中間色(中性色)と呼ばれるもので、
赤やオレンジなどの暖色、青や水色などの寒色のいずれにも属することがなく、
どちらのタイプにも馴染みやすい万能なカラーだと言われています。
また、グリーンには「調和」「穏やか」というイメージがある一方で、
「新鮮」というイメージもあり、モノトーンで暗くなりがちな服装の差し色としては抜群です。

私も昔はDr.martens(ドクターマーチン)の緑のブーツを愛用していましたが、
個性的でありながら、自己主張がありすぎるわけでもないこのカラーは、
とても評判が良く、女の子からよくオシャレだと誉められていたのが印象に残っています
このTricker'sも定番の英国トラッドよりは、UKパンクなファッションと合わせると良さそうですね!
Lewis Leathers(ルイスレザー)に、黒のスキニーパンツなんていかかでしょうか?

Tricker'sのカントリーブーツは非常に丈夫で、当然ソール交換やリペアなども可能なので
ガンガンと履き込んで、傷や色落ち、擦れなどを楽しみつつ手入れして育てて行きたいですね。
補色をグリーンでするのはちょっともったいない気がするので、ブラックなどの靴墨を入れて、
グラデーションのように、アッパーを濃く育てていくのもアリだと思います。
下のDr.martensも、最初はこのTricker'sのようにマットだったのを覚えています。

どう育っていくのか、とても興味があるな~ヽ(´ω`)ノ

dm_convert_20100802041958.jpg


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
やっぱり定番モノは定番カラーでしょう。
ん?いや,グリーン?いやいや,ほしいぞ・・・

ドクターマーチン,とてもいい感じですね!
No title
yaguuunさん、こんばんは^^

トリッカーズでもこういった色味は面白いですよね。
王道ではなく、あえてハズしてあるみたいな。

ドクターマーチンはソールに穴が空いてしまったので、
履く事はできませんがコレクションとして大事に保管してあります^^

トリッカーズは最近、ネイビーの表革なども出てきていますね。
カジュアル用途としては今後も要注目です!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。