chausser(ショセ) C-711 ペコスブーツ 10th Anniversary 限定モデル ナチュラルコードバン/新喜皮革製 レザー/ラバーソール 日本製

img57313400_01.jpg
chausser(ショセ) C-711 ペコスブーツ 10th Anniversary 限定モデル
ナチュラルコードバン/新喜皮革製 レザー/ラバーソール 日本製 89,250円


ナチュラルコードバンを使用したブーツやレザーシューズが人気の、
2000年に前田洋一氏によって創業された日本ブランドchausserです

chausserのナチュラルコードバンといえば、姫路の名門タンナー新喜皮革製です!
Alden(オールデン)にコードバンを供給している米国のHorween(ホーウィン)社と並び、
良質なコードバンを取り扱う事ができる数少ないタンナー業者でもあります。
噂によると、全世界でコードバンを製造する技術を持っているのはこの2社だけだとか

しかも、最も注目すべきはそのカラーが「ナチュラル」と言う事です。
Aldenでもウイスキーやラベロカラーなどの薄い色のコードバンは傷や染みが目立ちやすいため、
特に良質な馬革を入手した時にしか生産する事ができず、希少価値があり高騰しています。
(ブラックや#8バーガンディは染料が濃いためある程度ごまかしがききます)

ナチュラルの場合はさらに希少価値があり、牛革でいうヌメ革と同様に、
スッピン状態であるので、最も革質の良し悪しが重要視されます。
老舗の名門タンナーである新喜皮革の選別眼や入手ルート、そして高い技術が
全て集約されたまさに贅沢の限りを尽くした逸品ですね

ナチュラルであるので、おろす前のタンニング(日焼け)は必須ですし、
染みになりやすいため水分は極力厳禁であるなど、履く上で様々な制約がありますが、
その美しい光沢と色の変化は、他のレザーでは絶対に味わう事ができません。
「可愛い子ほど手間がかかる」という価値観の元、日々の手入れを惜しまずに
靴を愛してあげる事ができるマニアな人向けです

ちなみに私はAldenのコードバンは雨でも普通に履きます
きちんと手入れをしてあげれば、光沢も損なわれずに水ぶくれもできません。
あまり神経質になる必要はなく、履くことを楽しむのが最優先だと思います。
またある程度エイジングが進んでくると、水分に強くなるのもコードバンの特徴です。

ヌメ革でもそうですが、購入直後は雨染みや傷、汚れなどが気になると思います。
しかしガンガンと履いて日焼けさせ、そしてシワや色の変化が現れてくるようになれば、
その風格は筆舌に尽くしがたいほどです。新品より間違いなく、しなやかで美しいです。
特にナチュラルコードバンであれば、アリニンカーフクリームなどでケアして、
ポリッシュとネル生地で磨いてやれば誰でも容易に美しい光沢と艶を出す事ができます。

高いものを買って、ニヤニヤと眺めるのが贅沢なのではなく、
高いものをトコトン楽しむことが本当の贅沢だと私は思いますヽ(´ω`)ノ

c-740-1.jpg
chausser(ショセ) C-740 レザーシューズ
ナチュラルコードバン/新喜皮革製 レザーソール 日本製 56,000円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック