WESCO(ウェスコ) BOSS/ボス 9inch/9インチ ハイト BLACK SMOOTH/ブラックスムース クレープソール仕様

img57279232.jpg
WESCO(ウェスコ) BOSS/ボス 9inch/9インチ ハイト
BLACK SMOOTH/ブラックスムース #1010クレープソール仕様 53,000円


1918年米国オレゴン州の自然に囲まれた小さな山間の町スカプースで創業され
バイカーや木こり、消防士などハードな用途に向けたワークブーツを生産するブランド、
West Coast Shoe Company(通称 WESCO)です

BOSSといえば「KING OF ENGINEER BOOTS」として非常に有名ですね!
エンジニアブーツでありながら、ハンドクラフトにより155もの工程を経て製作されており、
足への負担を軽減するために、あえて製造に手間のかかるスティールシャンクを採用し、
過酷な環境に耐え抜くことの出来るヘビーデューティーなレザーは信頼性も高いです。

エンジニアブーツはバイクに乗る人や頑丈なブーツを愛する人に好まれますが、
街着として履きこなすには少々ハード過ぎる印象を持つ方もいると思います。
そういう時は通常11インチのハイトを短くした9インチのモデルで、
ソールをクレープソールにしたこういった仕様にすればカジュアルに履きこなせると思います。
どことなくペコスブーツのような柔らかさがあり、軽量なのも嬉しいですね

もちろん後からソール交換も可能なので、雰囲気に飽きたり気分転換として、
ハードなビブラムソール#100などに交換するのも手です。
アッパーも丈夫なのでガンガンとヘビーユーズしてカスタムしていくとオシャレですね!
私はかつて11インチのビブラム#100ナチュラルを愛用しておりましたが、(下記の画像)
個人的には9インチのクレープソールの方がジーンズスタイルに合う気がします。
実際にビブラム#100から#1010クレープソールに交換する方も多いとか

国内代理店(WESCO JAPAN)を通すと通常は10万円以上となるBOSSも、
こういった並行輸入業者を利用すると半額ぐらいになるのも重要ですね。
円高還元もされますし、50%の関税や輸入にかかる諸経費などを考慮すると、
現地価格(398ドル~)と比較して、十分に適正であると思います。
気にせずガンガンと履き込んでいくワークブーツだからこそ、お得感も必要ですね。
すぐにソールカスタムやバックル交換も可能なのでカスタムベースとしてもオススメです。

ブラック以外にもバーラップ・ラフアウト(スエード)などの色展開もしているので、
エンジニアブーツに興味がある人は是非ともチェックしてください!ヽ(´ω`)ノ

IMG_1054_01.jpg

img57279235.jpg
WESCO(ウェスコ) BOSS/ボス 9inch/9インチ ハイト
BLACK SMOOTH/ブラックスムース ビブラム#100仕様 53,000円


img57279237.jpg
WESCO(ウェスコ) BOSS/ボス 9inch/9インチ ハイト
BURLAP ROUGHOUT/バーラップ ラフアウト #1010クレープソール仕様 58,000円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック