Patagonia(パタゴニア) ClassicRetro-X Jacket/クラシックレトロXジャケット フリース

23055_491.jpg
Patagonia(パタゴニア)
ClassicRetro-X Jacket/クラシックレトロXジャケット フリース 23,940円~


米国カリフォルニア州に本社を置き、登山用品やアウトドアウェアなどの製造販売を行いながら、
環境保護活動にも積極的に力を入れているナショナルブランド、Patagoniaです

以前の記事で紹介したレギュレーター(R)シリーズと並んで、
Patagoniaが誇るフリースジャケットの名品と言えば、このレトロXですね!
毛足が長いモコモコとした起毛パイル地のフリースは見た目からしてとても暖かそうです
裏地は起毛メッシュ素材になっており、汗をかいても肌に張り付かず、
吸湿発散性があるので、ウインタースポーツやアウトドア用途としても快適です。

似たような外観のフリースジャケットで、レトロカーディガンというモデルもありますが、
そちらは13mm厚の毛足が非常に長いパイル地で、通気性があるという特徴があります。
一方でこちらのレトロXは、パイル地が6mm厚とやや短めの毛足ではありますが、
表地と裏地メッシュとの間に、P.E.F.(性能強化フィルム)バリヤーを挟むことで
透湿性とともに防風性を確保しており、防寒性が非常に高いです。
(なお、一部レトロカーディガンにもP.E.Fが使用されているものがあるそうです

いやあ、GO OUTなどのアウトドアファッション雑誌を見ていると、
今期は特にこういった起毛フリース素材を使用したアウターが注目されていますね。
かつて、UNIQLO(ユニクロ)のフリースが大流行した時期がありましたが、
今もなお、オールマイティな機能性アウターとしての支持率の高さを感じます。

確かに着心地が良く、そして非常に軽い。またコンパクトでありながらとても暖かい。
かなり丈夫で、汚れても自宅の洗濯機に放り込めば簡単に洗え、すぐに乾燥する。
小さな子どもがいる家庭連れや、休日のアウトドアイベントが好きな人にとっては、
これほど扱いやすくて万能なアイテムは他に無いと思います

インナーとして使用するならば、やはりベストがベストですね…すいません。
レイヤードの基本としては機能性インナーやネルシャツ、ロンTと組み合わすのが定番ですが、
ワークシャツやBDシャツなどのトラッドなアイテムと組み合わせるのも今風です。
またテーラードジャケットやウールコートなどのインナーにすれば、流行のアウトドアMIXです!
もちろん、マウンテンパーカーやダウンジャケットと組み合わせてもオシャレですね。

アウトドア、ウインタースポーツ、野外イベント、街着、散歩、釣り、バイク、自転車…
何でもこざれな優等生アウターを1枚持っていると、ほんと重宝しますヽ(´ω`)ノ

i140m2_23046_a3678_1.jpg
Patagonia(パタゴニア)
ClassicRetro-X Vest/クラシックレトロXベスト フリース 16,590円~



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック