MONCLER(モンクレール) 07/A/W ARNAUD/アルノー ダウンジャケット 黒/ブラック

1856745.jpg
MONCLER(モンクレール) 07/A/W ARNAUD/アルノー
ダウンジャケット 黒/ブラック 新品未使用(展示品) 69,800円


1952年フランスのグルノーブル郊外MonestierdeClermont(モネスチエドゥクレールモン)にて
テントやシェラフなど登山家のための装備を製造するブランドとして誕生したMONCLERです

このブランド、今でこそ最高級ダウンジャケットの代名詞的存在になっていますが
元々は厳冬期に雪山などで着るハードなアウトドアギアとして高い支持を得ていました。
青タグの頃のモデルはワッペンなども無く、モコモコとした本格仕様の物が多いです。
その分、オーバースペックであったり外見が野暮ったいなど街着向きではありませんね

そして5年ほど前から、ブランドアイコンである小さな白いロゴワッペンが肩口や胸元に付き、
芸能人がCMなどで着用したシャイニー生地・デカロゴ仕様が大流行する事となりました。
私も現在のモンクレールジャパンの前身であったスープリームスインコーポレーテッドの時に、
定番モデルであったシャイニー生地(テカテカ仕様)のデカロゴK2を購入しましたが、
あの頃は街中で歩けば、必ず同じ型を着た人と出会うぐらいの過熱ぶりでしたね

数年経って人気が落ち着いた今になって改めて考えてみると、
目立つデカロゴよりも、落ち着いた小さなワッペンの方が上品でカッコイイと感じます。
またEVEREST(現在はEVER)やK2(現在はKARAK)などの定番タイプよりも、
こういったブルゾンタイプの方が街着にしやすく、流行に左右されないから良いですね。
マットな質感も非常に良く、ミリタリーを感じさせるシルエットも好みです

ここ最近のファッション業界全体の消費傾向としては、
『定番ブランドでありながら、どこか今までとは異なった仕様(付加価値)』が好まれます。
ブランド同士のコラボレーションや、セレクトショップ別注などがその典型ですね。
生地や色使い、シルエットなどが異なったアイテムはやはり所有者にプレミアム感を与えます。
MONCLERでこういったブルゾンタイプを選択する事も、ある種の差別化ですね!
定番で高品質なMONCLERでありながら、いかにもな感じでは無い…最高です

余談ですが、私がK2を持っていなかったら間違いなく上のモデルを買ってますヽ(´ω`)ノ

1030499.jpg
MONCLER(モンクレール) ROD/ロッド コヨーテファー付
ダウンジャケット 742/シャイニーネイビー 92,800円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック