Laplaud(ラプロー) DONATO/ドナート PYRENEX/ピレネックス ブラック(黒)×ネイビー(紺) ダウンジャケット

331009001259-1.jpg
Laplaud(ラプロー) DONATO/ドナート PYRENEX/ピレネックス
ブラック(黒)×ネイビー(紺) ダウンジャケット 56,700円


1859年に創立されたフランスのダウンジャケットメーカーPYRENEX(ピレネックス)の前身で、
2009年秋冬から復刻としてスタートしたファッションライン、Laplaudです

PYRENEXといえば、MONCLER(モンクレール)やDUVETICA(デュベティカ)等を手掛ける
ファクトリーブランドとして、その品質については世界的にも評価が高いですが、
その生地や羽毛、生産技術や縫製等をそのままにしながらアパレル的要素を盛り込み、
なおかつリーズナブルな価格となるように落とし込んだのが、Laplaudです。

シルエットのパターン(型紙)は日本国内で手がけられているので、
日本人向けのバランス良いシルエットというのが嬉しいですね
なおかつ、ダウンジャケットに必要なスペックは充分過ぎるほどに満たしているので、
非常にコストパフォーマンス(費用対効果)が高い逸品だと思います。

ダウンジャケットといえば、2005年以降大流行したMONCLER(モンクレール)や、
雑誌やセレクトショップが推すCANADA GOOSE(カナダグース)などが定番ですが、
こういった知る人ぞ知るブランドを愛用するのも大変オシャレだと思います。
ちなみに一部の高感度なアンテナショップでは、Laplaudがずらっと並んでたりします

バランス重視で、なおかつ高品質のダウンジャケットが欲しい方にオススメですヽ(´ω`)ノ

また、CANADA GOOSEも日本限定(別注)モデルはなかなかオシャレなのも多いですね。
下のモデルは、肩のブランドワッペンが黒一色で非常にシャープな印象を受けます。
また表面素材も、60/40(ロクヨンクロス)のタイプで街着に非常に向いています。
もしかすると、今期からCHATEAU(シャトー)というモデル名で再リリースされた
旧VANCOUVER JACKET(バンクーバージャケット)かもしれませんね

CANADA GOOSEは今期から、
Expedition Parka(エクスペディション) ⇒ Citadel(シタデル)
Constable Parka(コンスタブル) ⇒ Kamloops(カムループス)
Chilliwack Jaket(チリワック) ⇒ Labrador(ラブラドール)
と名称を変え、ダウンの量をやや減らすことで街着向けにシルエットが改良されています。

今までのモコモコで、室内では汗が噴出すぐらいのハイスペックなのと比較して、
重ね着しやすく、そしてスタイリッシュな着こなしができるようになりましたね。
(私は機能重視なので、今までのモデルの方を愛用していくつもりですが

ダウンは良いものを選び、何年も長く使い続けるのが一番です。
あまり流行に左右されない定番で高品質なものを選ぶと重宝しますよヽ(´ω`)ノ

321011000280-1.jpg
CANADA GOOSE(カナダグース) VANCOUVER JACKET/バンクーバージャケット 
日本限定/ショップ別注 60/40(ロクヨンクロス)・黒ワッペン仕様 49,000円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
カナダグース、ロクヨンクロスを使ってるんですね。
日本にはオーバースペックというイメージが強かったですが、
今年はちょっと試着してみたいです。
No title
yaguuunさん、こんばんは^^

今期からカナダグースは仕様変更しているみたいです。
店頭でも見てきましたが、着心地良くなっていましたよ!

管理者のみに表示

トラックバック