スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯我独尊なコラムその8「ライダースジャケットを愛して」

indian01.jpg

私の愛する趣味の一つに、レザージャケットを収集するというものがあります。
その中でも、特に「ライダースジャケット」が一番大好きです
ちなみに上の画像は、私のコレクションの一つですヽ(´ω`)ノ

ライダースジャケットに使われるレザーの種類には様々あって、
一般的には、ステアハイドと呼ばれる牛革の最も厚手で丈夫なものが使われていますが、
私は光沢があるホースハイド(馬革)が使われたタイプが最もカッコイイと思っています。

見てください、この過剰なほどの光沢を!うっとりします。
画像のようなホースハイドのシングルライダースで有名なブランド(品番)と言えば、
THE REAL McCOY'S(ザ・リアル・マッコイズ)のBUCO復刻ラインであるJ-100や、
AERO LEATHER(エアロレザー)のカフェレーサー・ダートライダーなどですが、
上のライダースジャケットは、全く無名なブランドで古着で非常に安く手に入れました。

しかしながら、身幅やアームホールが非常にタイトで、袖丈と比較して着丈も短く、
様々なライダースブランドやレプリカブランドの商品では出せなかった
非常にカッコ良いシルエットで着こなすことができます

ホースハイドにありがちな重くて硬いというでも無く、
ミディアムウェイトで薄くなめされているので非常に着心地も良いです。
そして何といってもタイトであるため、腕のシワなどが入りやすくなっています。
また、ジッパーは70年代ヴィンテージに使用されているTALON製なのも最高です。

ちなみにオークションでは、デッドストックが2万円前後で出品されています。
一度、探してみてはいかがでしょうか?ヽ(´ω`)ノフフフ…やっぱり値段じゃないですね。


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。