2012年06月の記事 (1/1)

唯我独尊なコラム20「連帯を求めて孤立を恐れず」

b3_01.jpg

「連帯を求めて孤立を恐れず、
 力及ばずして倒れることを辞さないが、力尽くさずして挫けることを拒否する」

1969年東京大学安田講堂に立て籠もった全学共闘会議の学生が、
コンクリートの壁に残したこのスローガンは40年以上経った今でも色褪せる事はない。

私はこの言葉が好きだ。
仕事においてもファッションにおいても、このスタンスを変えるつもりはない。

「個性」、大袈裟にいうと「主義・主張」はこの一節に集約されている。
自分を自分足らしめている根幹、アイデンティティを守るためには、
時には周囲から孤立する場合があるし、孤立しなければならない。

上記の言葉は左翼主義・理想主義(政治思想)に基づくものであるが、
他にもファッションや性的嗜好などにも通ずる普遍的かつ重要な考え方だ。

例えばゲイの男性が、”本当の”自分をカムアウトした場合はどうだろう。
周りの人間全てが好意的に受け入れてくれるだろうか。そんなはずはない。
理解者を装いながら好奇な目で見てくる人間だって居るに違いない。
ホモフォビア主義者には攻撃されるだろう。
自分の個性、主義・主張を表現するにはエネルギーが必要で、それ以上に覚悟を要する。

だからこそ、憧れる。

大多数の人間には到底理解できない部分。
その「個」が生きてきた過程において形成された独特の”クセ””

だが本当に孤立はしない。
主義・主張がある人間には必ず同質の人間が近付いてくる。連帯できる。
理解者が居ないと嘆く人間は、ただ狭い箱庭を世界の全てだと勘違いしているだけだ。

でもね。
『理解されてしまったらそこで終わり』 だからあんまり気にしない。

IMG_9524_01.jpg

スポンサーサイト

WESCO(ウェスコ)× LYNCH SILVERSMITH(リンチ シルバースミス) BOSS/ボス Black Pebble Leather/ブラックぺブルドレザー rough out/ラフアウト 11inch/11インチ ハイト ハーネスラスト #100ビブラムソール仕様

boss_lynchmodel2_01.jpg
WESCO(ウェスコ)× LYNCH SILVERSMITH(リンチ シルバースミス) BOSS/ボス
Black Pebble Leather/ブラックぺブルドレザー rough out/ラフアウト
11inch/11インチ ハイト ハーネスラスト #100ビブラムソール仕様 186,000円


1918年米国オレゴン州の自然に囲まれた小さな山間の町スカプースで創業され
バイカーや木こり、消防士などハードな用途に向けたワークブーツを生産するブランド、
West Coast Shoe Company(通称 WESCO)のエンジニアブーツBOSSを1994年
設立された神戸のシルバーブランドLYNCH SILVERSMITHがCustomしたモデルです

長年履き込まれて傷だらけになった標準仕様のBOSSも超カッコいいですが、
やっぱりカスタムされた特別仕様のBOSSも1足ぐらいは欲しいですよね!
野暮ったいワークスタイルに合わせるなら個人的にはやはり標準仕様だと思いますが、
ややアウトローな匂いを出したいならば特別仕様の方が断然雰囲気があります。

このモデルは神戸のシルバーブランドLYNCHがカスタムしたもので、
甲のストラップにシルバー製のスタッズが打たれ、標準バックルを排しています。
また右足にはナイフポケットが備え付けられており、いかにもアウトローな匂いが漂います。
傷が付きやすいアッパーに毛羽立ったラフアウトレザーを採用する一方で、
シャフト部は独特の雰囲気があるぺブルドレザーを使用しているのもお洒落ですね

角ばった無骨なハーネストゥと、1インチ細くされたシャフト部のバランスも絶妙ですね!
正直なところ高価格帯なのでガシガシ履き込むのは気が引けるかもしれませんが、
緑ががるほどに色落ちしたラフアウトレザーと深いシワが入ったシャフトの組み合わせは、
アウトローな雰囲気が出ていて良いと思います。くすんだシルバースタッズも最高

イメージとしては手首までビッシリと刺青が入った坊主で筋肉質な人に絶対に似合います。
またマニアックになりますが、強面で丸太のような腕と無精髭でありながらも神経質ではなく、
何でも豪快に笑い飛ばしてしまうような超男性的で武骨な人にもぴったりですね。
極太のワークパンツやヒッコリー生地のオーバーオール、洗いざらしのワークシャツ、
傷だらけで黒ずんだシルバーアクセやレザーアイテムなどとも相性抜群です。

所有しているだけで力が漲ってきそうですヽ(´ω`)ノ

wlcm2_01.jpg

佐藤防水店(SATO BOSUI TEN) ORIGINAL HANDMADE TOTE BAG オリジナルハンドメイド トートバッグ キャンバス/帆布

sato_bosui01.jpg
佐藤防水店(SATO BOSUI TEN) ORIGINAL HANDMADE TOTE BAG
オリジナルハンドメイド トートバッグ キャンバス/帆布 17,850円→(佐藤防水店のWEBサイトへ)


1951年大分県大分市にて創業された老舗のテント・シート専門店「佐藤防水店」が、
創業61年の技術力を集約して作り出しているオリジナルハンドメイドトートバックです

いやあ、率直に言ってシンプルかつオシャレなアイテムでメチャクチャ興味があります!
私は革やデニム生地などガシガシ使い込める堅牢な素材が大好きなのですが、
その名のとおり元々帆船の帆に使われた帆布も、厚手で丈夫なのがとても魅力的ですね。

レザーと同様にシンプルなアイテムだからこそ、デザインや品質にはこだわりたいところです。
この佐藤防水店はオンラインにてカラーオーダー注文が可能で、好きな色をふんだんに使い、
まさに自分のキャラクターや好みにビシッっと合った雰囲気にすることができます。

ちなみに私は愛用しているブランドjean shop(ジーンショップ)のイメージカラーである、
ネイビー×オレンジ(濃青×橙)と生成の組み合わせが非常に気に入りました。
トートバッグはたくさん持っているので迷っていますが、エコバッグとしてオーダーしようかと

一方、品質についてはさすがテント・シート専門店といったところです。
一般的に厚手な6号帆布(19.1オンス)ですら標準で、生成(2号帆布)はなんと27.8オンス!
物を何も入れなくても自立するぐらいの超厚手なので、まさにヘビーユーズにはもってこいです!
アウトドアやスポーツシーンはもちろん、ガーデニングのツールバッグなどにもおススメですね。

ちなみに縫製はすべてテント専用のミシンを使い、職人が工房にて手作業で行なっているので、
当然ながら全てMADE IN JAPAN(日本製)です。何という贅沢でしょうか
そういえば昔、薄手のキャンバストートを使っていて重い物をたくさん中に詰め込んだ際に
ビリッと持ち手が破れましたが、このトートバックであればそんな事は絶対無さそうですね。

今回は単なる宣伝ですヽ(´ω`)ノ良い物を見つけると紹介したくてたまりません!

bagindex_slide_1_01.jpg
→(佐藤防水店のWEBサイトへ)

Paraboot(パラブーツ) BARTH/バース デッキシューズ AMERICA/ダークブラウン/濃茶

para_780001_sam_01.jpg
Paraboot(パラブーツ) BARTH/バース フランス海軍認定
デッキシューズ AMERICA/ダークブラウン/濃茶 24,000円


「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」を信念として、
1919年に創業されたフランスのシューズブランド、Parabootです

やはり初夏から真夏にかけての定番着こなしといえばマリンスタイルですね!
柄物ショーツやキャンバス素材のトートバッグ、涼しげな麻素材の開襟シャツの足元に
バシっとレザー素材のデッキシューズを持ってくるとたまらなくお洒落です。

個人的にはデッキシューズは真っ白かダークブラウンが大好きです。
上の画像もAMERICAというBARTHの定番カラーですがやはり雰囲気がありますね。
名前のとおり、土臭くオーセンティックな米国スタイルにピッタリです

正直なところ真夏はソックスを履かずにラフな服装で気軽に出かけたいと思いますが、
革靴ほど気取った印象もなく、レザーサンダルほど緩すぎないこの雰囲気であれば、
都会のオシャレなレストランからレジャー帰りの海沿いのバーにでもさっと入る事ができます。

雨水や海水に濡れた後に乾燥してもひび割れや変形を起こさない強靭なヴォイルレザーと、
濡れた路面でも滑りにくいMARINEソールは耐久性や実用性の面でも非常に優れています。
気の置けない友人たちと河川敷や海でBBQして、ジャブジャブと水遊びしても大丈夫ですね

また、今季最も注目されているカラーはネイビー(濃青)ではないでしょうか。
これが黒であれば重たくなりがちですが、ネイビーであれば本当に爽やかで夏っぽい印象です。
個人的にはヌバック(起毛表革)素材があればベストなのですが、オイルドでも色が綺麗です。
春先や秋口にアースカラーのチノパンやカーゴパンツに合わせても良いですね。

私は真夏でもスニーカーは履きませんヽ(´ω`)ノそういう主義です!

img58568694_01.jpg
楽天でParaboot(パラブーツ) BARTH/バースを検索する

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ) STANDARD FIT/スタンダードフィット CAMBRIDGE OXFORD PULL OVER/ケンブリッジオックスフォード プルオーバー 半袖BDシャツ

3-1230_01.jpg
INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ)
STANDARD FIT/スタンダードフィット CAMBRIDGE OXFORD PULL OVER
ケンブリッジオックスフォード プルオーバー 半袖BDシャツ 18,690円


1961年米国ニュージャージ州にて、シャツのカスタムメイド(オーダーメイド)を請け負う
専門ファクトリーとして創業された名門ブランド、INDIVIDUALIZED SHIRTSです

生地感が良く仕立ての良いシャツは、何枚持っていても本当に困りません!
これからの薄着の季節、リゾート感溢れる緩めのスタイリングもオシャレですが、
やはり清潔感溢れるオーセンティックな着こなしも是非押さえておきたいところですね。

そんな中でも、最近特に私が気になっているのがプルオーバータイプの半袖BDシャツです。
前立て部分がビジネスシャツのような形状ではなく、一方でポロシャツほどカジュアル過ぎない。
この絶妙なバランスがたまらなくオシャレで洗練されているような印象を与えますね

使用されているシャツ生地も光沢感のある薄手のケンブリッジオックスフォードで、
ガシガシと洗い込むことでやや縮みが出るとともに、独特の風合いが出てきて柔らかく馴染みます。
INDIVIDUALIZED SHIRTSの特徴ともいえる襟も高級感があって大人っぽいですね!

涼しげなシャンブレー生地やカジュアルなデニム素材の半袖BDシャツも良いですが、
長年洗い込んで馴染んだオックスフォード生地は本当に素晴らしいです。
気張らずに、軽めのアクセサリやチノパンとさらっと合わせると雰囲気がありますね。
真夏であればデッキシューズやローファー、レザーサンダルを足元に持ってくると抜群です。

一方で冷房や日焼けが気になる方、ショーツと合わせると子どもっぽくなるとお嘆きの方は、
真夏であっても薄手で涼しげな質感のチェック柄長袖BDを着るというのもありだと思います。
ベージュなどの淡色のショーツと合わせる場合はバランス的にこちらがおススメですね。

何にせよ重要なのは上質なシャツをゆるーく着る大人の余裕ですヽ(´ω`)ノ

img56713224_01.jpg
楽天でINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ)を検索する

唯我独尊なコラム20「”なぜ”そのモノを選んだのかを問う。」

slow_4920003_sam_01.jpg
SLOW(スロウ) 栃木レザー株式会社 トートバッグ/TOTE BAG
MADE IN JAPAN/日本製 フルベジタブルタンニン鞣し/ヌメ革 39,000円


img58868294_01.jpg
SLOW(スロウ) 手染めサドルレザー トートバッグ/TOTE BAG
MADE IN JAPAN/日本製 フルベジタブルタンニン鞣し 39,000円


ブランドの世界観である「Sports/Luxury/Outdoor/Work」の頭文字をとって、
2008年に創業された日本のバッグ専業メーカー、SLOWです

日本発のブランドらしく、上質な素材とシンプルなデザインの組み合わせは最高ですね。
革を提供しているのは、これまた日本を代表する皮革製造メーカーの栃木レザーです!

私個人として、トートバッグはやはり緩くザックリと使える構造と充分な堅牢性があり、
使い込むごとに光沢や風格が出てくる上質で柔らかなレザー製を選ぶことをおすすめします。
休日に音楽プレーヤーや雑誌、携帯電話や手帳など好きな物を適当に放り込んで
目的もなくプラプラと買い物や散歩に出掛けるようなライフスタイルにぴったりの相棒です。

当然シンプルな構造だからこそ、レザーの質感が重要になってきますね
不要な金具やジッパーなどに頼らなくとも、素材や縫製の良さから高級感が漂います。
ガシガシと使い込んで傷や擦れ、色の変化が出てきてもそれがアジになるのが素晴らしいです。

特に毎日の仕事や通学などに気張らずラフに使い込むと良い感じに育ちそうですね!
雑誌や書類、パンフレットや専門書などをたくさん放り込んでも丈夫なのが頼もしいです。

さて、ここから先は個人的見解なので聞き流してもらえれば幸いですが、
「鞄」の選び方で性格まで変わります。もっと言えば、人生まで変わるかもしれません

カッチリとした堅牢な鞄を選び続ければ、気高く波乱万丈でストイックな人生になります。
逆に緩く楽に使える鞄を選ぶならば、心広く穏やかな生き方を手に入れることができます。
分厚く重い革の鞄を選ぶのは、自分の美学や哲学を最優先にする強く誇り高い人物だからです。
軽くて使いやすいキャンバスやナイロン製の鞄を選ぶのは、何より純粋で真っ直ぐだからです。

時に分不相応な超高級ブランドバッグに惹かれるのは、自信の無さの裏返しや虚栄という
単純明快な理由だけではなく、例えば社会の不条理や自分の中にある拭い切れない劣等感、
取り戻せない過去や将来に対する不安など前に、逃げることができず歯を食いしばりながら
必死に戦わなければならない状況で、強力なパワーアイテムを自分自身が欲しているからです。

もし今までとは全く違うような鞄に惹かれるようになったとしたら、
自分自身が人生に何か転機を求めている証拠なのかもしれません

新しい人生には、新しい相棒が必要ですヽ(´ω`)ノ是非。

img57549139_01.jpg
楽天でSLOW(スロウ)を検索する


J.AUGUR DESIGN(ジュディオーガーデザイン) TOTE BAG/トートバッグ MADE IN USA/アメリカ製 ヴィンテージラグ

15341-02_01.jpg
J.AUGUR DESIGN(ジュディオーガーデザイン) TOTE BAG/トートバッグ
MADE IN USA/アメリカ製 ヴィンテージラグ 134,400円


2004年米国カリフォルニア州を拠点に元ヴィンテージディーラーである、
Judy Augurによって立ち上げられたブランドJ.AUGUR DESIGNです

素材として使用されるマテリアルはすべて米国を代表するヴィンテージで、
少数精鋭のアトリエで、製作に於ける全行程をJudy Augur氏による監修を受けています。
もちろんオールハンドメイドのため、全く同じ柄や素材は存在しません。

「モノの価値」というのは素材そのものの原価や希少性に加えて、付加価値も重要です。
例えばクロコダイルなど素晴らしい素材を使用していても、デザインが安っぽいと台無しです。
逆にありふれたキャンバス素材でも、デザインが秀逸であれば価値はグンと増します

ハイブランドが莫大な宣伝広告費をかけて付加価値を創造するのも、モノの価値を上げるためで、
そういう意味では、モノの価値をきちんと見極めるのは中々難しいかもしれません
ただ「モノの価値を見極める」などと考えてしまうとファッションは楽しめません。
あくまで自分で気に入ったかどうか、その価値があるかを最優先に考えるべきです。

著名な画家が書いた絵画、人間国宝が手がけた茶器。無垢な檜家具や銀食器、旧車や懐中時計。
私はそういった事には興味がないので、100円貰っても要らないでしょう。
ただ別の人から見れば世界で一つしかない”作品”であり、1億円出しても欲しいかもしれません。

Judy Augur氏の作品にそれだけの価値があるか。
私は正直言って、価格が1桁安くても買うかどうか迷うぐらいの評価です。
ただそうだといって、この作品の価値が低いわけでは無いということです
好きな人達だけが心の底から愛せば良いのです。その偏執狂さこそ道楽の醍醐味です。
自ら伊達酔狂を捨ててしまい、個性や自分らしさを喪失する人が多すぎです。

そう考えると人間も一緒ですねヽ(´ω`)ノ他己評価に固執すると時に火傷します。

img58454435_01.jpg

img58432149_01.jpg
楽天でJ.AUGUR DESIGN(ジュディオーガーデザイン)を検索する