2012年05月の記事 (1/1)

IL BISONTE(イルビゾンテ) レザートートバッグ

08ib-4-4-31_01.jpg
IL BISONTE(イルビゾンテ) レザートートバッグ 71,400円


1970年イタリア・フィレンツェにてWanny Di FILIPPO(ワニー・ディ・フィリッポ)氏によって
創業されたレザーブランド、IL BISONTEです

『雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日に当たり、あなたが日焼けすれば、
バックも日に焼けます。あなたのイルビゾンテはあなたの一部になるのです。』

デザイナーであるワニー氏の言葉に代表されるように、このブランドの魅力は、
シンプルで毎日使っても飽きのこないデザインと構造、そして上質のレザーです。
使い込めば使い込むほど、独特の光沢や風格が出てくるレザーの「エイジング」の魅力を、
デザイナー自身がここまで言及しているブランドは他にはないと思います!

またビゾンテ(バッファロー)の刻印はこのブランドの堅牢な物づくり精神を表現していますね。
ごちゃごちゃした装飾で勝負するのではなく、あくまで素材を最優先にデザインする。
そういう価値観はデザイン優先のハイブランドとは対極に位置しているように感じます。

私自身、レザージャケットや革靴などが大好きなのでこういったアイテムは大好きです
上質な素材を使用しているので高価格帯ですが、毎日使うのであれば絶対にお得です。
きちんとメンテナンスすれば、ヴィンテージのような素晴らしい風格が出てくるのは当然ながら、
ステッチが解れたら縫い直して、角が色落ちしたら補色して…と修理しても雰囲気が出てきます。

また余計な装飾がないため、BDシャツや革靴などのトラディショナルな服装にはもちろんのこと、
Tシャツにジーンズ、チノパンなどカジュアルな服装にも違和感なくハマるのが素敵ですね。
背伸びしたい学生さんから、休日にザックリ物を入れてお出掛けする社会人までぴったりです。

何が「贅沢」で、何が「無駄遣い」なのか。
しっかりと考えた上で購入したものは無駄ではありませんヽ(´ω`)ノ間違いない!

11ib-10-1-15_01.jpg
楽天でIL BISONTE(イルビゾンテ)を検索する
スポンサーサイト

唯我独尊なコラム19「履きやすさをとるか、品質をとるか」

IMG_2370_01.jpg
Paraboot(パラブーツ) CHAMBORD/シャンボード MARRON/マロン
オイルドヌバック GRAINE/スコッチグレインレザー(私物)

「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」を信念として、
1919年に創業されたフランスのシューズブランド、Parabootです

私も超愛用しているParabootですが、梅雨に向けて一足買い足しました!
型番は同ブランドを代表する「CHAMBORD」ですが、今回は素材に惚れ込んじゃいました

革の銀面(表面)をベルベット状に起毛させたヌバックレザーの光沢と質感は素晴らしく、
型押しされたグレインレザーはしなやかで丈夫なため、堅牢性と防水性に優れています。
また自社製のTEXソールも滑りにくく、耐摩耗性やクッション性が高いので、
雨の中でもスニーカー感覚でガシガシと履き込めちゃいますね!

同タイプの革靴ではJ.M.WESTON(ジェイエムウエストン)のゴルフが有名ですが、
私個人としては、品質や価格帯よりも履く人の気分や用途によって使い分けるべきと感じます。

ゴルフはアッパーの革質が本当に素晴らしく、造りも非常丁寧でさすが一級品だと思わせます。
また極めて堅牢性に優れており、ややタイトフィットのサイジングでパシッと合わせて、
数年~十数年かけて足に馴染ませると、最終的には極上のフィッティングとなります。
ですが履き始めは非常に硬く、時には激痛に悩まされたり靴擦れが起きる可能性があります

一方でCHAMBORDは独特の光沢や質感を持つ非常に柔らかな革質で、
やや造りは荒く野暮ったい雰囲気ですが、履き心地は文句なしに素晴らしいです。
初めて革靴を履くような人や、気軽にリラックスして履きたい人におすすめです。
もし旅行へ1足だけ革靴を持っていくとしたら、私はparabootを選ぶほどです

迷ったらどうするか。両方買って両方楽しめってことです。
一つしか買えないのなら………惚れちゃった方を選びましょうヽ(´ω`)ノ

111a270019m_01.jpg

_UED9561-thumb-autox480-23474_01.jpg
楽天でParaboot(パラブーツ) CHAMBORDを検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

GROWN&SEWN(グロウン&ソーン)  INDEPENDENT MADE IN USA/アメリカ製 スリムフィットチノパンツ

2-0484_01.jpg
GROWN&SEWN(グロウン&ソーン)  INDEPENDENT
MADE IN USA/アメリカ製 スリムフィットチノパンツ 23,100円


2010年米国ニューヨークにて元ラルフローレンのデザイナーであるRob magness氏に
よって創業されたパンツブランド、GROWN&SEWNです

米国製のオーセンティックなチノパンでありながら、洗練されたシルエットは素晴らしいですね!
いかにも土臭くてトラディショナルな股下深めのパイプドシルエットではなく、
より都会的かつ現代的に再構築されたスリムテーパードは本当に最高です。

BDシャツやシャンブレーシャツにサラっと合わせても野暮ったくならず、
磨き上げた米国製の革靴とも相性抜群な雰囲気を持っています!
意外にそういったパンツってなかなか出会えないんですよね

スリムシルエットではPT01(ピーティーゼロウーノ)やINCOTEX(インコテックス)、
G.T.A(ジーティーアー)などのパンツが有名ですが、それともどこか異なりますね。
MADE IN USA特有のリラックス感、大雑把さが良い意味で漂っています。

きっちりと丁寧にアイロンがけするのではなく、適当に洗濯機に放り込んで天日干しする。
洗いざらしのままガンガン穿いてシワや色褪せを楽しむ。そういうノリがあります。
ポロシャツと合わせてビジネスカジュアルな着こなしもできそうですね。
真鍮バックルの茶色ベルトや発色の良いリングベルトをさらっと合わせたいところです。

仕立ての良いパンツは本当に重宝しますよ~ヽ(´ω`)ノ


mo-gs-2_01.jpg
楽天でGROWN&SEWN(グロウン&ソーン)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

JUTTA NEUMANN(ユッタ・ヌーマン) BENNO/ベンノ BIRKEN SOLE/ビルケンソール 濃茶/ダークブラウン

img63004249_01.jpg
JUTTA NEUMANN(ユッタ・ヌーマン) BENNO/ベンノ
BIRKEN SOLE/ビルケンソール 濃茶/ダークブラウン 46,000円


1994年米国ニューヨーク州マンハッタンのロウアーイーストにて、
ドイツ生まれの女性デザイナーによって創業されたレザーブランド、JUTTA NEUMANNです

いやあ、このリゾート感溢れる雰囲気と高級感は本当にたまりませんね。
植物タンニン鞣しのレディゴレザーや、クッション性・耐摩耗性に優れたビルケンソール、
そして何より、このブランドの特徴である土踏まずをリフトする立体成形の革製インソール!
全ての点においてハンドメイドゆえのこだわりが見られます

JUTTA NEUMANNの定番モデルとしてはFRANKやALICEなどがありますが、
私は変化球として編み込みレザーでアンクルストラップ付のBENNOをおすすめします。
落ち着いた雰囲気で足元が軽くなり過ぎず、シャツスタイルにも抜群に合いますし、
高級感がありますので、お洒落なカフェやレストランでも浮くことはありません。

それに、トングタイプのような親指と人差し指を引っ掛けるモデルのサンダルだと、
慣れるまで皮膚が擦れて痛いという私のような方にも大変おすすめです

さて、サンダルを選ぶ上で重要視すべきはやはり「快適性」であると思います。
適当なショーツを穿いて、靴下を履かずにさらっと足を通すぐらいのノリでありつつ、
長時間履いても足の裏が疲れることなく、履くたびに足に馴染むようなものであるべきです。

そうであればcrocs(クロックス)などの安価なサンダルでも充分なのでしょうが、
やはりお洒落好きとしては、高級感やデザイン性も捨てがたいところです。
もちろん丈夫でソール交換をしながら何シーズンも使えるような堅牢性も欲しい。

ならちょっと奮発して高級なレザーサンダルはどうでしょうか
良いものを選べばワンシーズンどころか10年以上は軽く履くことができます。

ちょっとこの夏、冒険してみたい方にもおすすめですヽ(´ω`)ノ

img63004252_01.jpg
楽天でJUTTA NEUMANN(ユッタ・ヌーマン)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

THE SANDALMAN(サンダルマン) トングサンダル MADE IN USA/アメリカ製 マスタード×グリーン

img59713733_01.jpg
THE SANDALMAN(サンダルマン) トングサンダル
MADE IN USA/アメリカ製 マスタード×グリーン 19,740円


1976年米国カリフォルニア州ニューポートビーチにて、ハワイ出身のパット&スコット兄弟が
設立したサンダルブランド、THE SANDALMAN(サンダルマン)です

これからの季節、リゾート気分でTシャツやショーツなどの軽装が多くなってきますが、
やはり足元も軽快感のあるビーチサンダルなどを合わせるとオシャレで良いですね!

SANDALMANのこのモデルは、私も色違いを所有していますがとにかく履き心地が良いです!
「高級なビーチサンダル」といえば分かりやすいのでしょうか、軽くてクッション性が抜群
BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)やJUTTA NEUMANN(ユッタ・ヌーマン)とは一味違います。

サンダルというのは、やはり用途や気分によって使い分けるべきですね。
夏フェスやアウトドアでガンガン使ったり、脱ぎ履きが多いのであれば丈夫なBIRKENSTOCK。
街履きとして、トラッドな服装と合わせて高級靴感覚で合わせたいならJUTTA NEUMANN。
そして休日やリゾート地でラフな服装に気張らず履くのであればやっぱりSANDALMAN。

個人的にはJUTTA NEUMANNの雰囲気が大好きですが、履き心地ではSANDALMANです!
カラーは黒や濃茶であれば当然合わせやすいですが、夏なのでやっぱり発色が良いモデルを
個人的におススメしたいと思います。爽やかで元気がでるビタミンカラーですね!

発色の良いショーツに合わせても当然オシャレですが、色落ちしたヴィンテージジーンズや
カーゴパンツあたりをロールアップして合わせても最高にカッコいいですね。
Tシャツは白や青基調のシンプルなものにして、軽めのアクセサリを付けるだけで上級者な雰囲気。

快適かつオシャレな逸品は最高ですね~ヽ(´ω`)ノ

sandmanamiblublk_01.jpg
楽天でTHE SANDALMAN(サンダルマン)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)