2010年12月の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEPENTHES(ネペンテス)×Tricker's(トリッカーズ) F10 NEP AYMMETRIC GIBSON SCOTCH/アシンメトリックギブソン スコッチグレイン

img57268905_01.jpg
NEPENTHES(ネペンテス)×Tricker's(トリッカーズ) F10 NEP
AYMMETRIC GIBSON SCOTCH/アシンメトリックギブソン スコッチグレイン 73,500円

東京、ニューヨークに拠点を置く渋谷の有名セレクトショップNEPENTHES(ネペンテス)が、
英国王室御用達(ロイヤルワラント)でもある、MADE IN ENGLANDのドレスシューズブランド
Tricker'sに別注をかけた名品、アシンメトリックギブソンです

定番のダービーブローグシューズをアシンメトリック(左右非対称)にするというのは、
さすが独特の雰囲気を持ち、個性的な着こなしを提案するNEPENTHESならではの別注ですね!
製作の手間や管理上の負担がかかるため、Tricker'sでも基本的に受注しない仕様だそうです。
十数年以上、Tricker'sと取引があるNEPENTHESだからこそできるワガママですね。

右側がストレートチップ、左側がウイングチップのブローグになっています。
知らない人が見れば「間違って履いてる!?」と思われそうな遊び心が面白いですね。
オシャレを楽しむには、時にはこういったスパイスが必要なのかもしれません

秋から冬にかけては、グレーやブラックのウールパンツなどトラッドなスタイルと合わせたり
太目のワークパンツやコーデュロイパンツなどで、ボリュームを付けて履くと良さそうです。
春先にはクロップドパンツ、夏にはハーフパンツと合わせるのもオシャレですね。
流行のスタイルでは9分丈のパンツと派手目のカジュアルソックスでハズすというのもあります。

正統派英国トラッドのように履くのもあり、普段着感覚でカジュアルに履き倒すのもあり、
合わせる着こなしによって表情を変える、とても面白いアイテムですヽ(´ω`)ノ

img57189996_01.jpg
NEPENTHES(ネペンテス)×Tricker's(トリッカーズ) F10 NEP
AYMMETRIC GIBSON SCOTCH/アシンメトリックギブソン スエード 73,500円



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
スポンサーサイト

SAMURAI JEANS(サムライジーンズ) Lot S300NB N-3Bジャケット ファー取外し可能 デニム生地 MADE IN JAPAN/日本製

031012002700-1.jpg
SAMURAI JEANS(サムライジーンズ) Lot S300NB N-3Bジャケット
ファー取外し可能 デニム生地 MADE IN JAPAN/日本製 36,810円


「ジーンズは作り手、穿き手の両方の拘りが一致しないと商品価値がない」をコンセプトに、
1998年に誕生したこだわりの国産レプリカデニムブランド、SAMURAI JEANSです

このブランド、個性とアクが非常に強いブランドでポストEVISU(エヴィス)のような立ち位置です。
かくいう私も、かつては愛用者の一人でコテコテのアメカジスタイルに合わせて、
SAMURAI JEANSの定番モデルをガンガンと根性穿きしていました
今は服の系統が変わってしまったため、コレクションの一部になってしまいましたが、
私がジーンズを大好きになった理由の一つなので、非常に思い入れがあります。

好き嫌いが分かれるブランドかもしれませんが、物づくりに関しては私は高く評価しています。
デニム生地を使ったN-3Bジャケットなんて、どのブランドからも出てませんからね
零モデルというラインで使われる17oz特ザラセルビッチデニムの表面生地は、
着込むごとに独特の色落ちとアタリが出てきて、育てがいがあります。
リアルファーが取り外しできるので、洗濯する際にも気を使わず安心ですね。

余談ですが、この間繁華街でデニム地のダウンジャケットを着た人を見かけました。
デニム生地の魅力はマニアにしか分かりませんが、本当にたまりませんね~ヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

AIRWALK(エアウォーク) EVEREST(エベレスト) デザートブーツ インナーボア シャークソール/リップソール パープル・レッド・ブラウン

img57189079_01.jpg
AIRWALK(エアウォーク) EVEREST(エベレスト) デザートブーツ
インナーボア シャークソール/リップソール パープル・レッド・ブラウン 13,650 円


1986年米国カリフォルニア州にてスケートボードとBMXのニーズに応える
フットウェアブランドとしてスタートした名門AIRWALKです

AIRWALKといえば1990年代のSK8(スケーター)全盛期に人気を博したブランドですね。
90年代後半には伊藤忠商事がライセンス契約を終結した事でアパレルラインの商品も販売され、
近くのジーンズ量販店で、Tシャツやボトムスなどを見かけた方もいるのではないでしょうか。

しかし、AIRWALKといえばやはりフットウェアの名門ブランドです。買うならスニーカーです!
昨年は傑作と名高いデザートブーツが復刻されましたが、今年はインナーボア付でリリース。
ボリュームのあるギザギザしたシャークソール(リップソール)はオシャレであるとともに、
抜群のクッション性と独特の反発があって、履き心地が非常に優れています。
Clarks(クラークス)のようなトラッド寄りな印象ではなく、スポーティーなのが面白いですね。

また、特筆すべきは発色が良い牛革スエードのアッパーです。
定番のブラウンに加えて、今回はパープルとレッドというカラー展開がされています。
個人的にはパープルが一番ですね、太目の軍パンなど無骨なボトムスと相性が良さそうです。
また細身のジーンズやチノパンには、ブラウンやレッド辺りがぴったりです

休日のちょっとしたオシャレに、気軽に履けるスニーカーは良いですねヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

CHUMS(チャムス) Banana Shoulder Sweat/バナナショルダー スウェット パープル/紫 ボディバッグ マルチポケット付

0297-2243.jpg
CHUMS(チャムス) Banana Shoulder Sweat/バナナショルダー スウェット
パープル/紫 ボディバッグ マルチポケット付 6,200円


1983年、米国ロッキー山脈の西側ユタ州にて誕生したブランド、CHUMSです

CHUMSといえばスウェット生地を使ったバッグや小物類が有名ですね!
アウトドアブランドという位置づけでありながら、ハイテク生地だけではなく
こういった可愛くもあり、そしてユニークなアイテムをリリースするのは
さすが個性と遊び心を大切にするブランドだと感心します。

とは言ってもインナーはカラーナイロンになっており、耐水性を確保しています。
また、その独特の色使いや形状が非常にオシャレですね。
マルチポケット付なので、携帯電話やデジカメ、財布などを入れてもまとまりやすいです。
休日のちょっとしたお出かけや散歩などにピッタリですね

心理学や風水的に見ても、カラフルな色を身につけるというのは気持ちを高揚させるそうです。
逆に、黒や紺色などの無難な色は心身の落ち着きや安定する作用があります。
気分が沈みがちな人は、思い切ってこういった元気のでるアイテムを身に着けてはどうでしょうか。

スウェット生地以外にも、耐摩耗性繊維であるコーデュラナイロンを使ったモデルもあります。
カラーも豊富で小物類も非常に充実しているので、ペンケースや財布、ポーチなども良いですね。
ちなみにトレードマークの鳥はペンギンではなく、「ブービーバード」という
エクアドルから南メキシコの海岸線で活動するとても元気な鳥だそうです!

私はスウェット生地の小物入れを買いましたヽ(´ω`)ノ手触りが最高です。

img57220952_01.jpg
楽天でCHUMS(チャムス)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

Tricker's(トリッカーズ) M2754 サイドゴアブーツ BURGUNDY/バーガンディ ダイナイトソール

img55322209_01.jpg
Tricker's(トリッカーズ) M2754 サイドゴアブーツ
BURGUNDY/バーガンディ ダイナイトソール 55,650円


1829年にノーザンプトンにて創業され、英国王室御用達(ロイヤルワラント)でもある、
MADE IN ENGLANDのドレスシューズブランド、Tricker'sです

有名シューズリペアショップUNION WORKS(ユニオンワークス)さんのブログで拝見しましたが、
ビジネスカジュアルの靴としては、私もサイドゴアブーツが最も優れていると思います。
紐靴とは異なり、スリッポンのように気軽に脱ぎ履きできるので飲み会などの場でも活躍しますし、
丈夫で滑りにくいダイナイトソールは、耐摩耗性に優れており雨の日に履いても快適です。
ダイナイトソールは、レザーソールのような跳ね返りの良い履き心地なのも評価が高いですね。

Tricker'sに使われているアッパーレザーは最初はマットでのっぺりとした雰囲気ですが、
ダークブラウンやバーガンディ、ブラックなどのシュークリームを重ね塗りして、
ガンガンと履きこんでシワを入れたり日焼けさせていくと立体感が出てきて良いですね。
そういう意味では、日々エイジングを楽しむ事ができる名品だと思います。

ダイナイトソール以外にも、レザーソールやビブラムソールの仕様もあるので、
休日のジャケパンスタイルに合わせても抜群にオシャレです。
汎用性が高いブーツなので、まさにオンオフを問わず使い回せる優等生ですね!
もちろんソール張替えもできるので、コストパフォーマンスも高いですし、
丈夫なのでガンガン履けて、汚れてもサドルソープで丸洗いできるのも嬉しいですね。

あまり高級すぎる靴を履くのも気が引ける、でも日々のエイジングを楽しみたい。
そんなわがままを叶えてくれる逸品ですねヽ(´ω`)ノ

109b160008m.jpg
楽天でTricker's(トリッカーズ)のサイドゴアブーツを検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

GRIZZLY BOOTS(グリズリーブーツ) Lineman Oxford/ラインマンオックスフォード Horween Brown/ホーウィン社ブラウンレザー ローカットブーツ

img58232847_01.jpg
GRIZZLY BOOTS(グリズリーブーツ) Lineman Oxford/ラインマンオックスフォード
Horween Brown/ホーウィン社ブラウンレザー ローカットブーツ 75,600 円


米国の山奥の工房で、ベテランのブーツ職人Cruz(クルーズ)氏の手によって一つひとつ、
全ての工程をハンドメイドにて作られているこだわりのブーツブランドGRIZZLY BOOTSです

ハンドメイド特有の無骨な外観やステッチの雰囲気が本当にたまりませんね!
米国名門タンナーHorween(ホーウィン)社のムラ感・シボがあるアッパーレザーも最高です。
丸みのあるトゥや厚手のビブラムソールも非常にバランスが良いですね。
ガンガンと履き込んでいくと、素晴らしいオーラが出てくると思います。

こういったハンドメイドのブーツは、昔ながらの古い工程にて作られている為、
レザーの傷や擦れ、手作業であるが故のステッチの歪みや金具の錆などが見られますが、
私はそれこそがハンドメイドの温かみであり、醍醐味であると思います。
細かい品質管理により仕様書どおりの製品しか認めない工業化されたブーツ作りでは
決して味わうことができない本当の「贅沢」を味わえると思います

ガンガンと履き込み、磨り減ったソールを何度も張り替えて、また履き込んでいく。
傷が入ればオイルを入れて磨き込み、時にはレザーを当てて補修をする。そしてまた履く。
安価な靴の使い捨てが当たり前の今の世の中、そういった価値観を楽しむのは贅沢ですね。

これからの時期、カーゴパンツやトラウザーなどと合わせて無骨に履くのも良し、
春先から夏にかけてはクロップドパンツやショーツパンツを合わせるのも良し、
ローカットのブーツは使い回しが利くのが素晴らしいですねヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

Schott(ショット) 671xx NEW EASY RIDERS JACKET/ニューイージーライダースジャケット ブラック×トリコロールライン ナイロンライナー 牛革/ステアハイド

671xx.jpg
Schott(ショット) 671xx NEW EASY RIDERS JACKET/ニューイージーライダースジャケット
ブラック×トリコロールライン ナイロンライナー 牛革/ステアハイド 74,000円


1913年、米国ニューヨーク州にて創業されたレザーライダースの老舗ブランドSchottです

ライダースジャケットと言えば、やはりSchottと言われるほど有名なブランドです。
VANSON(バンソン)やBUCO(ブコ)などの重厚でハードな印象とはまた違い、
革が柔らかいので街着にもしやすく、着用感が軽快なのが特徴です。

中でもシド・ヴィシャスも愛用していたワンスターと呼ばれるダブルライダースの613や
立襟(スタンドカラー)のシングルライダースである641などが人気です。
この671xxは641をベースに、トリコロールラインを配置し細身にしたのが特徴です。
着脱式のボアインナーから、ワインカラーのナイロンライナーにしてあるのも高級感があります。

このトリコロールのデザインは1969年に公開されたアメリカ映画「イージー・ライダー」の
キャプテン・アメリカが着用していたライダースジャケットがベースになっています。
VANSONなど他社でも同デザインが出ていますが、背中に星条旗がデザインされているので
やや派手で街着には不向きでしたが、こちらの671xxは背面の星条旗が無いので、
美しい一枚革のエイジングが楽しめますね。やはり背中の一枚革は迫力があります

是非とも細身に着こなした上で、ガンガンとアジが出るまで着込んでいきたい感じです。
こういったライダースは新品よりも全面に傷やシワ、擦れなど使用感があった方が良いですね。
ニット帽やボロボロのヴィンテージジーンズ、汚れたブーツなどを合わせたら最高です

やはりこういった男っぽいアイテムにはいつになっても憧れますねヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

ARC'TERYX(アークテリクス) FISSION AR JACKET/フィジョンARジャケット GORE-TEX PROSHELL 2-Layer PRIMALOFT/プリマロフト teak

img56311527_01.jpg
ARC'TERYX(アークテリクス) FISSION AR JACKET/フィジョンARジャケット
GORE-TEX PROSHELL 2-Layer PRIMALOFT/プリマロフト teak 56,000円


1991年、カナダのバンクーバーにてハーネス製造メーカーとして創業された
始祖鳥のブランドアイコンが特徴の最先端アウトドアブランド、ARC'TERYXです

最先端アウトドアブランドらしく、まさに素材使いが完璧ですね。
防水・透湿性に優れたGORE-TEX PROSHELL、そして保温性が高い化繊中綿のPRIMALOFT、
完全防水を実現するために不可欠な止水ジッパー、収納可能な首周りのフード…
はっきり言って、文句のつけどころがありません!

保温性に関しては、ダウンジャケットの方が上じゃないかと考える人が多いかもしれませんが、
高機能化繊中綿であるPRIMALOFTの最大の特徴は、水分に非常に強いことです。
ダウンは水に弱く、雨などで水分が浸み込んでしまえば保温性が低下してしまいますが、
PRIMALOFTは水分が浸透しにくく、豪雨の中で着用しても保温性が損なわれません。
当然ながら家庭で洗濯することもできますし、速乾性なのですぐに乾きます。清潔ですね!

街着としてはもちろんのこと、バイクや自転車通勤などにもピッタリですね。
GORE-TEXは防風性も高いので、まさに理想的なジャケットではないでしょうか。
丈夫で気軽に着れるアウターなので、普段使いや散歩、コンビニへの買い物などにも重宝します。
特に冬季に雪がよく降るような地方であれば、ガンガンとヘビーユーズできますね。

個人的には定番のブラックよりも、teak(チーク)カラーの方がオシャレだと思います。
teakとはクマツヅラ科の落葉高木のことで、奥深いアースカラーが素敵ですね。
都会的な着こなしはもちろん、アウトドアファッションとしても汎用的な色です。
ビビッドな蛍光色や柄物と組み合わせて、アウトドアスタイルを楽しむと良さそうです

風雨に強いオシャレなアウターって、魅力的ですよねヽ(´ω`)ノ


ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。