靴の記事 (1/12)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Blance(ニューバランス) M2040 GL2 HORWEEN (ホーウィン)社製ヌバック/Made in USA/アメリカ製

DSC_0092_01.jpg
New Blance(ニューバランス) M2040 GL2
HORWEEN (ホーウィン)社製ヌバック/Made in USA/アメリカ製(私物)

1906年、ボストンで矯正靴の製造メーカーとしてスタートした、
人気ランニングシューズ・スニーカーブランドNew Balanceです

ついにNew BalanceのフラッグシップモデルであるM2040 GL2を購入いたしました!
過去、定番モデルである576や1400を愛用してきましたが、最高級モデルがどうしても欲しくなりました。
スニーカーで定価40,000円というのは、ハイブランドを除けば手が届きにくい高価格ですね。

過去の記事でもNew Blanceの魅力を紹介しましたが、
特に昨年から今年にかけてのスニーカーブームは、面白いですね!
特に、オシャレな女の子を中心に、New BlanceやReebok(リーボック)が流行しているようです。

スニーカーに関しては、その研究が日進月歩しているため、高い安いの値段に関わらず、
ある程度のスポーツメーカー品であれば、サイズと幅に気をつければ満足の行く履き心地が得られます。
あえて高価格を選ぶ理由は、やはり靴愛好家特有の好奇心というわけですね

M2040 GL2の履き心地は、本当に素晴らしい!
例えるなら、地面に厚さ1cmのスポンジを敷いてその上を歩いているような心地よい感触。
階段を上り下りしてもストレス無く、長距離をガシガシと歩くことができること間違いないです。
履き込んだ革靴とはまた違った跳ね返りの心地良さはたまりませんね!旅行にも使えそうです。

個人的には、スニーカーは発色の良いスポーティーなモデルより、地味で暑苦しいのが好みです
こういった色味であれば、軍パンやデニムショーツに合わせても違和感がありません。
オシャレ上級者であれば、トラッドなコートやジャケットにハズしとして使いそうです。

服装の系統にもよりますが、発色の良いモデルも合わせやすいですね。
アウトドア系のアウターやダウンジャケットに合わせるにはピッタリです。
軽くて丈夫で履き心地の良いスニーカーは、一つ持っていると本当に便利ですヽ(´ω`)ノ

img10033740915_01.jpg
楽天でNew Blance(ニューバランス)を検索する
スポンサーサイト

唯我独尊なコラム41「日常に溶け込む一流品」

DSC_0086_01.jpg
楽天でJUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン)を検索する


サンダルにしても、ブーツにしても、気負いせずに日常使いできるようなものが好きだ。
適当なジーンズやチノパンに、さらっと合わせて出掛ける。
履き潰しているので、色褪せもあるし傷や型崩れもあるが、独特の風格もある。

毎日のように履くせいか、インソールは自分の足型に馴染んで心地よい。
雪駄のようにカカトが少し出ればとワンサイズ落としたが、次第にアッパーが
自分の甲に合わせて伸びて、吸い付くようなフィットに変わる。

時々、サドルソープで丸洗いをして清潔にしてやる。
そして、またいつも通り足を通して、お気に入りの音楽を聴きながら出掛ける。
ロールアップしたジーンズにも合うし、色褪せたチノパンにもよく合う。

ブーツは、履き心地が良いことを何より重視する。
一流の革を使ったブーツは、やはり雰囲気があって高級感もある。作りも丁寧だ。
でも、ジーンズに気軽に合わせたり、それを履いて旅行に出掛けるには少し躊躇する。

雨や砂まみれになったりしても神経質になることもなく、長距離を歩いても疲労が溜まりにくい。
砂利道や石畳でもストレスなく歩く事ができ、脱ぎ履きもしやすい。
海外出張や小旅行には、そういったブーツをお供にすると、本当に楽しいし楽だ。

手入れをきちんとしたら、独特の風格が出てくる。
光の加減によって、表面の油膜がさまざまな表情を見せてくれる。

Blundstoneの新品は、ゴム長靴のような雰囲気であまり人気がないようだが、
店頭で並んでいる姿だけで判断するのはとても勿体無いと思う。


DSC_0088_01.jpg
楽天でBlundstone(ブランドストーン)を検索する

JUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン) ALICE/アリス LATIGO/ラティゴレザー

imgrc0069332055_01.jpg
JUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン) ALICE/アリス LATIGO/ラティゴレザー 50,800円


1994年米国ニューヨーク州マンハッタンのロウアーイーストにて、
ドイツ生まれの女性デザイナーによって創業されたレザーブランド、JUTTA NEUMANNです

最近、ISLAND SLIPPER(アイランド スリッパ)にPatagonia(パタゴニア)のショーツをラフに合わせる
アウトドアっぽい着こなしにハマっているのですが、やっぱり都心部でのお出掛けには、
ラフでリラックスした服装でありながら、少し大人っぽい雰囲気も欲しくなりますね。

基本的には、無地Tをややタイトなサイジングにして、9部丈のワイドシルエットのパンツに、
Ray-Ban(レイバン)あたりのサングラスを合わせておけば、問題ないとは思いますが、
やはり足元は手を抜かず、レザーサンダルで高級感を出したいところです

私は個人的には安っぽいビーチサンダルの軽いノリが大好きですが、
愛用しているJUTTA NEUMANNのレザーサンダルも、色々な人から評判が良いです。
服屋の店員はもちろん、オシャレなカフェやバーでも店員から褒められたりします

親指と人差し指で挟むトングタイプのサンダルは、どうしてもペッタンとした歩き方になりますが、
JUTTA NEUMANNは、必ずワンサイズ下げたタイトなサイジングを選びます。
最初はやや窮屈ですが、しばらく履く事で足に馴染み、最終的には吸い付くような履き心地になります。
こればっかりは所有者にしかわかりませんが、まさに極上の感触ですね

teva(テバ)のようなスポーツサンダルに、あえてソックスを合わせる今風の着こなしに加えて、
使い回しの効くi高級なレザーサンダルを一足持っておくと本当に重宝します。
ロールアップした薄い色のジーンズに合わせても良いですし、サーフショーツにも相性抜群です。
ビリケンソールを使用していますので、磨り減ってきたら交換も可能です。

インディゴ染めのポケTに、色褪せたカーゴショーツ。最新スポーツウォッチにアンクレット。
蛍光色のOAKLEY(オークリー)のfrogskinsに、足元はJUTTA NEUMANN。最高ですねヽ(´ω`)ノ

imgrc0069331660_01.jpg
楽天でJUTTA NEUMANN(ユッタ・ニューマン)を検索する

Tricker's(トリッカーズ) M2508 COUNTRY BOOTS/カントリーブーツ Purple/パープル/紫 スエードレザー コマンドソール 24,900円

2320800115123-01_01.jpg
Tricker's(トリッカーズ) M2508 COUNTRY BOOTS/カントリーブーツ
Purple/パープル/紫 スエードレザー コマンドソール 24,900円


1829年にノーザンプトンにて創業され、英国王室御用達(ロイヤルワラント)でもある、
MADE IN ENGLANDのドレスシューズブランド、Tricker'sです

Tricker'sといえばMARRON ANTIQUEやESPRESSO BURNISHEDなどの茶系統が
定番人気ですが、私は発色の良いモデルの方が洒落ていると感じます。
クラシックな外観と遊び心のある素材感が、何とも言えないコントラストですね。

例えばこういった紫であれば、NEPENTHES(ネペンテス)のNeedles(ニードルス)ラインなど、
紫を基調としたブランドやクセのあるブランドと合わせれば、最高です。
花柄シャツや太目のウールパンツなどと野暮ったく合わせれば、独特の雰囲気が漂います
個人的にはルーズシルエットの軍パンを合わせると恰好いいと思います。

パンチの効いた着こなしをするのは勇気が要りますが、定番ブランドを利用すれば便利ですね。
「それどこのブーツ?変わってるね。」と聞かれても、Tricker'sだと答えられます
もちろん履き心地や堅牢性は問題ないですし、履き潰していった方が恰好良いです。
ベルトや帽子などの小物、インナーに紫色を持ってくると靴だけが浮くこともありません。

チープな雰囲気のショップコートなどと合わせても、靴にこだわりが感じられるため、
みすぼらしく見られることもありません。紫系のネルシャツやBDシャツなどを
インナーにすると、浮くことなく個性的な雰囲気が出てくるので良いのではないでしょうか

ド定番だけでは面白くないヽ(´ω`)ノ

m2508-black-01_01.jpg
楽天でTricker's(トリッカーズ)のM2508を検索する

Paraboot(パラブーツ) CHAMBORD/シャンボード 別注 Horween/ホーウィン CORDOVAN/コードバン Made in France

1139050000m_01.jpg
Paraboot(パラブーツ) CHAMBORD/シャンボード 別注
Horween/ホーウィン CORDOVAN/コードバン Made in France 105,000円


「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」を信念として、
1919年に創業されたフランスのシューズブランド、Parabootです

CHAMBORDといえばParabootを代表する定番モデルですが、
何とこれは米国名門ホーウィン社のシェルコードバンを使った別注モデルです!
ホーウィン社といえば、Alden(オールデン)などにもコードバンを供給していますが、
堅牢でオイル含有率が高く、国産コードバンと一線をかす独特のエイジングが特徴です。

Aldenの990(プレーントゥ)は標準仕様がダブルレザーソールという事もあり、
カジュアル向けではあるものの、履き心地はドレスシューズに近いものがあります。
一方、Parabootは自社生産のPARA-TEXソールより、クッション性と対摩耗性が極めて高く、
革靴の中でも特に履き心地の良さに定評がありますので、気軽に履くにはおすすめです

ジーンズやチノパンに、さらっと合わせるのであれば私はParabootを選びます。
PARA-TEXソールはアスファルトの上を歩行する事を前提としていますので、
小旅行やショッピングなど歩く時間が多くなりそうな時にも大変オススメです。
ポテっとした独特なフォルムも、Parabootのアイデンティティが感じられて最高です

AldenはシャンブレーシャツやBDシャツなどのトラッドスタイルに合わせると良いですが、
Parabootはアーバンアウトドアスタイルやワークスタイルに合いそうですね。
服装の系統によって靴を使い分けると、とてもお洒落だと思います

私事ですが、Aldenは履くときに「さあ履くぞ!」と気合を入れる事が多く、
Parabootは気張らずに何気なくスっと足を通して履いてしまう事が多いです。
カジュアルな外見のせいか、傷が入っても軽くブラッシングをするぐらいです。

どんな風に育つのか気になりますね~ヽ(´ω`)ノよだれが出そう。

1139050000_1_02.jpg
楽天でParaboot(パラブーツ)を検索する

WESCO(ウェスコ) JOHN HENRY'S CLASSICS/ジョンヘンリーズ・クラシックス BLACK TIE×BLACK PEBBLE/ブラックタイ ブラックペプルレザー

img59614462_01.jpg
WESCO(ウェスコ) JOHN HENRY'S CLASSICS/ジョンヘンリーズ・クラシックス
BLACK TIE×BLACK PEBBLE/ブラックタイ ブラックペプルレザー 76,000円


1918年米国オレゴン州の自然に囲まれた小さな山間の町スカプースで創業され
バイカーや木こり、消防士などハードな用途に向けたワークブーツを生産するブランド、
West Coast Shoe Company(通称 WESCO)です

もし制服や作業着で仕事をするのであれば、足元は絶対WESCOですね
エンジニアブーツが理想ですが、やはり足首周りの自由度や脱ぎ履きを考えると短靴です。
定番のデザインと堅牢性、そして独特の野暮ったさがJH CLASSICSの魅力ですが、
やはり新品のままの姿ではその価値は半減してしまうと思います。履いてナンボですね。

繰り返される動作による深く細かいシワ、作業中の傷や擦れ、飛び跳ねた汚れやオイル。
知らないうちに入る深い傷と、剥げてしまった表面のレザーとのコントラスト。
時には風雨にさらされて光沢を失い、ぬかるんだ土に突っ込んでドロドロになるソール。
たまにはサドルソープで丸洗いをしてやり、メンテナンスに蜜蝋を塗りこむ。

想像するだけでヨダレが出てきますね~
過酷な環境に耐えることができるワークブーツという謳い文句を実践するのは最高です。
遠慮なく、気にすることなく、毎日毎日意識することなく履き潰す。
ソールがすり減れば張替え、ステッチの解れや擦れが酷くなれば修理屋に持ち込む。
そしてボロボロに傷ついたアッパーを磨いてまた仕事へと臨む。

ワークブーツは新品が一番恰好悪いですが、WESCOは特にそう思います。
型崩れしてソールが反り返って表面の光沢が鈍くなってきてナンボです。
メンテナンスが面倒臭い人ほどWESCOを選ぶと良いと思います。

ヤバイ、めっちゃ欲しくなってきたヽ(´ω`)ノ

011301000574_1.jpg

SASSAFRAS(ササフラス) SPRAYER PANTS/スプレイヤーパンツ BEIGE/ベージュ

sprayerpt-1_01.jpg
SASSAFRAS(ササフラス)
SPRAYER PANTS/スプレイヤーパンツ BEIGE/ベージュ 20,000円


2004年ガーデニングウェアという今までに無い新しいコンセプトでスタートし、
ワークやミリタリー、アウトドアなどといった様々なカテゴリーの要素を使い
機能性豊かな洋服を展開する人気ブランドSASSAFRASです

このブランドは”1948年カリフォルニア州フリーモント生まれのSTEVE GOSSARD”という
架空の人物を設定し、その者がガーデニングをする為のウェアーとしてデザインされており、
「自分が生きてきて出会った衣服の中で、着やすいモノ、動きやすいモノ、
 丈夫なモノ、全てがガーデニングウェアに値する。」のコンセプトに従い、
素材、縫製、仕様などの細かなこだわりの中で独特の世界観を漂わせたモノづくりをしています。

いやあ、こういったザックリ気軽に穿く事ができるボトムスは本当に素晴らしいですね
定番のトラウザーズでありながらも、やや浅めの股下とスリムシルエットのバランスが抜群です。
一方では股にガゼットを配置するなど、あくまで”ガーデニングウェア”としての
穿きやすさ、動きやすさを確保しているというのもこだわりが感じられますね。

何気ない休日にゆるく穿いてお出掛けするのもよし、庭作業やアウトドアで穿くのもよし、
様々な場面で気張らずに穿き回すことができる万能選手だと思います。
もちろん生地選びにもこだわっているので、ガシガシ洗濯して風合いを楽しめます

足元には傷だらけのワークブーツですね。いや、あえて磨き上げたドレスシューズかヽ(´ω`)ノ

NICKS BOOTS(ニックスブーツ) ALASKA TUNDRA/アラスカ ツンドラ ラフアウト

64t_01.jpg
NICKS BOOTS(ニックスブーツ)
ALASKA TUNDRA/アラスカ ツンドラ ラフアウト 78,750円


1964年米国ワシントン州スポーケンにてNick Blahcuzyn氏により設立された
カスタム専門ブーツメーカー、NICK'S BOOTSです

Nick Blahcuzyn氏は元々はWHITE'S(ホワイツ社)の職人であったため、
その志を引き継ぎ「最高品質の物を手作業で作り上げる」を信念に製品作りをしています。

いやあいいですね、この野暮ったい雰囲気のあるラフアウトの質感は。
Viberg(ヴァイバー)やHATHORN(ハソーン)のオックスフォードシューズにも言えますが、
足元にボリュームがあるブーツを持ってくると、より無骨な印象で男らしく見えます。
赤茶がかった独特の風合いもトラウザーズやカーゴパンツの色味に絶妙に合います。

基本的にはメンテナンスフリーで、時々ブラッシングする程度で充分と思いますが、
やはり防水スプレーを吹きかけて風雨の中でも汚れを気にせずガンガン履き込むと最高です。
あえてオイルドアップで毛足を寝かせて光沢を出しても渋いですね
オイルドブ漬け+ブラッシングで一気に風合いが変わりますが防水性も格段に上がります。
その上でアウトドアで傷だらけにしながら履き潰すと育ち方が本当に凄くなりますよ

ラフアウトは人によって好みが分かれると思いますが、私は野暮ったいのが大好きです。
もちろん日々のブラッシングは大事ですし、時には丸洗いして清潔感を出す事も重要ですが、
色あせや傷が所々に見られ、風合いが出まくっているラフアウトは素晴らしいですヽ(´ω`)ノ

img58319876_01.jpg
楽天でNICKS BOOTS(ニックスブーツ)を検索する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。