トップスの記事 (1/3)

ファリティブランド CORE INDIGO KNITS POLO (#MKS1703-MWW) FAHERTY BRAND


RRL(ダブルアール)のデザイナーを数年間勤めていたMikeと、
彼の双子の兄Alexが2013年4月にニューヨークでスタートさせたブランドです
リラックスした雰囲気が、リゾート感があって良いですね!RRLな独特の生地感も抜群です。

個人的には、こういったトップスにはグレーのスウェット地のハーフパンツを合わせたくなりますが、
真っ白のスリムストレートのホワイトジーンズ辺りをロールアップして欲しいですね
夏に最も似合う似合う色は、真っ白だと思いますので季節感を出したい場合は是非とも合わせてください。

発色の良いデッキシューズも良いですし、サンダルでも違和感なくハマリそうです。
私ならレザーサンダルと、シンプルなブレスレットを合わせて高級感を出しますね。
高級感があれば、ちょっとした都会的なレストランでも、気兼ねすることなく楽しむことができます

楽天でFAHERTY BRAND(ファリティブランド)を検索する
スポンサーサイト

PRO CLUB プロクラブショートスリーブ無地Tシャツ ヘビーウエイト


アメリカを代表する無地系ブランドPRO CLUB(プロクラブ)のヘビーウェイトTシャツです
肉厚生地でありながら、この値段は本当に魅力的ですね。

同じような生地感に、Champion(チャンピオン )のT1011という定番のTシャツがありますが、
無地Tで最も質感が米国らしいブランドは、私はPRO CLUB(プロクラブ)かと思います。
高級感はありませんが、サイジングさえ間違えなければミニマルな着こなしには非常におすすめです。

値段の割りに、首元のゴムがしっかりと目が詰まっていて、数回の洗濯で緩く伸びることがないため、
安物の無地Tにありがちなだらしなさがなく、洗濯機でガシガシと洗っても首元がへこたれません。
個人的には発色の良い色を、洗いこんでパッカリングや色落ちがでてくるあたりが大好きです

こういった無地Tに、シルエットや生地感にこだわりのあるジーンズやカーゴパンツなどを合わせて、
発色の良いスニーカーや履き込んだブーツ、シンプルなネックレスやリンクを合わすとセンス抜群です。
筋肉質がジャストサイズで、肩幅や胸板を強調して歩くだけで迫力満点ですね!
あえてXXLあたりのオーバーサイズにスキニージーンズを合わせる着こなしも今風です

Champion(チャンピオン )のTシャツがロゴを強調したデザインになり苦手意識がある方にもおすすめです。
秋から冬場は、もちろんインナーとしても充分活躍しますし、少し小さめのサイズを選べばこなれ感も出ます。
ちょっとした旅行やスポーツ用にも気兼ねなく使える価格帯です。
もともとはストリート系(特にB系)で愛用されていたブランドですが、それは万能選手だからでしょうね。

発色の良い色のTシャツは、ついつい着ることに躊躇してしまいますが、
漂白剤入りの粉せっけんでガシガシと洗いこんで、毛羽立って色が薄くなると本当にカッコイイと思います。
黒白以外のシャツは、差し色として使うこともできますし、靴に色を合わせたりすることもしやすいです。

楽天でPRO CLUB(プロクラブ)を検索する

Bohemians(ボヘミアンズ) BUGS GARDEN B.D L/S SHIRTS/バグズ ガーデン ボタンダウンシャツ

img58867673_01.jpg
Bohemians(ボヘミアンズ)
BUGS GARDEN B.D L/S SHIRTS/バグズ ガーデン ボタンダウンシャツ 20,000円


2000年に創業され、「着る人、見る人が楽しい気持ちになれる事」を最大のテーマに、
独創的でユニークなアイテムをリリースするブランド、Bohemiansです

私は派手な柄物シャツに、シンプルなカーディガンやベストという組み合わせが好きです!
単体で着ると目立ち過ぎますが、インナーに着ると抜群にお洒落に見えますね
毒々しいデザインであっても、気張らずサラっと合わせるとイケます。

今年の夏は、花柄を始めとする発色の良いショートパンツが巷で大流行していましたが、
あえてトップスにクセのある柄物を持ってくるこのセンスがたまりません。
流行遅れの野暮ったいダウンベストを羽織っても、今風の着こなしになります

世間でもKENZO(ケンゾー)やJOYRICH(ジョイリッチ)のようなド派手なプリントが、
また流行し始めましたが、若者らしいデザインというのは素晴らしいですね。
アバンギャルド、ピースフル、テーマは違えど新しい価値観を感じます。

ツーブロックにMCM(エムシーエム)のクラッチバッグ、そしてBohemians。
足元はネオンカラーのハイテクスニーカー。たまらないですね

私は若いうちは様々なファッションにチャレンジする事が大事だと思っています。
いずれ自分の似合う系統が固まってくるとは思いますが、挑戦は大事です。
弾けた経験がある人間こそ、保守的な着こなしをした時にセンスがにじみ出ます。

古着屋で見つけたヴィンテージアイテムやファストファッションと合わせたり、
雑貨屋で買ったチープなアクセサリや3枚1,000円のインナーと合わせたり。

全身ブランド品よりも、一点だけブランド品がおすすめですヽ(´ω`)ノ

img60745485_01.jpg
楽天でBohemians(ボヘミアンズ)を検索する

CHAMPION(チャンピオン) T1011/テンイレブン バインダーネック HEAVY WEIGHT/ヘビーウェイト MADE IN USA/アメリカ製/米国製

img58404562_01.jpg
CHAMPION(チャンピオン) T1011/テンイレブン バインダーネック
HEAVY WEIGHT/ヘビーウェイト MADE IN USA/アメリカ製/米国製 4,725円


1919年米国ニューヨーク州ロチェスターにて創業され、アメリカ陸軍訓練校や
ミシガン大学などに衣類を供給してきたアスレチックウェアの名門CHAMPIONです

私は初夏から真夏にかけて、気軽に着れるTシャツを愛用することが多いのですが、
いつもHanes(へインズ)やPRO CLUB(プロクラブ)、United Athle(ユナイテッドアスレ)など、
安価で入手しやすくヘビーウェイトなMADE IN USAのものばかり選んでいます。

理由は色々とあるのですが、やはり汗をかいてもガシガシと気にせず洗えるようなタフな生地や、
洗いざらしでも伸びにくい首元の縫製、そしてゆったりとしたサイジングが大好きだからです。
もちろんFilMelange(フィルメランジェ)やENTRY SG(エントリー・エスジー)のような
綿の産地や編み方、柔らかい生地感にこだわったTシャツも魅力的だとは思うのですが

先日もCHAMPIONのT1011を買い足しましたが、やはり素晴らしい着心地です。
私は8年ほど前からウエイトトレーニングをしており、胸囲とウエストの差が35cmあるのですが、
肩幅と胸周りはゆったりとして、着丈はやや短いというこのシルエットは最高ですね。
首も太く僧帽筋も盛り上がっているので普通のTシャツではすぐに伸びてしまう首元も、
CHAMPIONの代名詞ともいえるバインダーネックのおかげで気にせず酷使できます

日本製のTシャツは肩幅が狭くてサイズ展開が小さいとお嘆きのスポーツマン体型の方々には、
米国の軍人やアスリート御用達のこのシャツはやはり魅力的にうつるのではないでしょうか。
極太に鍛え上げられた筋肉と小麦色の肌にざっくりと着ると最高ですフヒヒ。

よーしパッツンパッツンになるまで鍛え上げるぞヽ(´ω`)ノ

15319-04_01.jpg
楽天でCHAMPION(チャンピオン) T1011を検索する

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ) STANDARD FIT/スタンダードフィット CAMBRIDGE OXFORD PULL OVER/ケンブリッジオックスフォード プルオーバー 半袖BDシャツ

3-1230_01.jpg
INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ)
STANDARD FIT/スタンダードフィット CAMBRIDGE OXFORD PULL OVER
ケンブリッジオックスフォード プルオーバー 半袖BDシャツ 18,690円


1961年米国ニュージャージ州にて、シャツのカスタムメイド(オーダーメイド)を請け負う
専門ファクトリーとして創業された名門ブランド、INDIVIDUALIZED SHIRTSです

生地感が良く仕立ての良いシャツは、何枚持っていても本当に困りません!
これからの薄着の季節、リゾート感溢れる緩めのスタイリングもオシャレですが、
やはり清潔感溢れるオーセンティックな着こなしも是非押さえておきたいところですね。

そんな中でも、最近特に私が気になっているのがプルオーバータイプの半袖BDシャツです。
前立て部分がビジネスシャツのような形状ではなく、一方でポロシャツほどカジュアル過ぎない。
この絶妙なバランスがたまらなくオシャレで洗練されているような印象を与えますね

使用されているシャツ生地も光沢感のある薄手のケンブリッジオックスフォードで、
ガシガシと洗い込むことでやや縮みが出るとともに、独特の風合いが出てきて柔らかく馴染みます。
INDIVIDUALIZED SHIRTSの特徴ともいえる襟も高級感があって大人っぽいですね!

涼しげなシャンブレー生地やカジュアルなデニム素材の半袖BDシャツも良いですが、
長年洗い込んで馴染んだオックスフォード生地は本当に素晴らしいです。
気張らずに、軽めのアクセサリやチノパンとさらっと合わせると雰囲気がありますね。
真夏であればデッキシューズやローファー、レザーサンダルを足元に持ってくると抜群です。

一方で冷房や日焼けが気になる方、ショーツと合わせると子どもっぽくなるとお嘆きの方は、
真夏であっても薄手で涼しげな質感のチェック柄長袖BDを着るというのもありだと思います。
ベージュなどの淡色のショーツと合わせる場合はバランス的にこちらがおススメですね。

何にせよ重要なのは上質なシャツをゆるーく着る大人の余裕ですヽ(´ω`)ノ

img56713224_01.jpg
楽天でINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ)を検索する

SOUTIENCOL(スティアンコル)BD/ボタンダウンシャツ cotton oxford THOMAS MASON/トーマスメイソン 白/ホワイト

m132whi1_01.jpg
SOUTIENCOL(スティアンコル)BD/ボタンダウンシャツ
cotton oxford THOMAS MASON/トーマスメイソン 白/ホワイト 16,800円


私も愛用しているSOUTIENCOLのオックスフォードBDシャツです

英国名門のThomasMason(トーマスメイソン)社の高級オックスフォード生地を使用し、
日本国内での縫製を徹底するなど、品質や技術にこだわったブランドです。
特に、元VANのデザイナーの三浦俊彦氏が手がけたブランドという事もあり、
日本人向けの計算されたシルエットは、一枚で着ても非常に美しいです。

オシャレに気を使えば使うほど、色々と試行錯誤してしまいがちですが
足し算を繰り返すうちに、ゴテゴテとした野暮ったい着こなしになる場合があります。
特に柄物やアクが強いものを好んで集めているとワードローブが凄いことに
そういった時はこういったシンプルで上質なシャツを合わせると良い感じです。

また女性にも好感度が高く、順応性が高い清潔感があるファッションの定番ですね。
一見するとどこにでも売ってそうなシンプルな白のBDオックスフォードシャツですが、
こういった定番アイテムほど生地の質感や縫製の細かさ、シルエットで差がつきます。

襟元のロール感、アームホールの太さや腰のシェイプ、ボタンの素材や着丈の長さ、
こだわったディテールに加えて、洗い込む毎に出る生地の張り感や独特の光沢。
SOUTIENCOLはその辺りのバランスが絶妙で本当に素晴らしいです
ラフにタックアウトしてジーンズに合わせたり、細身のウールパンツにタックインしても、
仕立ての良いBDオックスフォードシャツは、それだけで充分にサマになります。
今年流行のチェック柄やネルシャツと一緒に、追加アイテムとして断然オススメです!

ちなみに私は3枚所有ですヽ(´ω`)ノ無地2枚にピンストライプ1枚、どれも最高です。

m111whi3_01.jpg
楽天でSOUTIENCOL(スティアンコル)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

Sanca(サンカ) PERU DENIM WORK SHIRTS INDIGO ペルーデニム ワークシャツ 濃紺/インディゴ

img60689657_01.jpg
Sanca(サンカ) PERU DENIM WORK SHIRTS INDIGO
ペルーデニム ワークシャツ 濃紺/インディゴ 18,000円


2007年、「Made in JAPAN」「古いものと新しいものとの融合」をコンセプトに
丸山剛彦氏によって立ち上げられた注目のブランド、Sancaです

いやあ、今期もシャツ旋風は一向に収まらないですね!BDシャツやシャンブレー素材は特に。
どのファッション雑誌を読んでも、シャツ中心のコーディネート特集や商品紹介ばかりです。
個人的にも、やはり渋い男を目指すなら襟付きのシャツを着こなすべきだと感じます

そんな中、私が今期最も気になっているのは上の写真のようなデニム素材のシャツです。
いかにも…というような厚手の生地ではなく、薄手で光沢感があるのがお洒落ですね!
定番のワークパンツに合わせても、どことなく上品な雰囲気が漂ってきます。

着潰して、生地のネップ感や色落ちを楽しむのはもちろんの事ですが、
破れたりステッチが解れても、補修してしまえばファッションになるというのが素晴らしいです。
またシルエットが細身で着丈も短いMade in Japanブランドを選んでおけば、
野暮ったさや古臭いイメージも全くなく、最先端のモードとも相性抜群です
細身のウールパンツをダブルで裾上げして、レザーアイテムをさらっと合わせるのも良さそう。

汚れたり汗をかいたら洗濯機に放り込んで丸洗い。その後は、無造作にハンガーで干しておく。
休日はお気に入りのチノパンを引っ張り出してきて、いつものようにデニムシャツを羽織る。
そして愛用の時計やシルバーアクセ、薄汚れたレザーアイテムを適当に身に着け、
ボロボロだけど手入れされたワークブーツに足を通し、気だるく出かける。さて酒でも飲むか。

---------行きつけのダイニングバーにて。

『お前、いつもそれ着てるよな。』
『ああ、気に入ってるからな。』

こういう返答ができれば、一人前ですヽ(´ω`)ノ最高にカッコイイです。

img56700195_01.jpg
POST OVERALLS(ポストオーバーオールズ)
#1102 engineer's shirt/エンジニアシャツ 26,800円




ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)

ARC'TERYX(アークテリクス) Skyline Shirt/スカイライン シャツ S/S半袖

img56767343_01.jpg
ARC'TERYX(アークテリクス)
Skyline Shirt/スカイライン シャツ S/S半袖 16,800円


1991年、カナダのバンクーバーにてハーネス製造メーカーとして創業された
始祖鳥のブランドアイコンが特徴の最先端アウトドアブランド、ARC'TERYXです

暖かくなったと思ったら、また急に寒くなったりと中々厳しい季節ですね。
仕舞い込んだ冬物衣料を引っ張り出してきた方も多いと思いますが、
そろそろ春物や夏物が気になってくる時期になってきました。
人気商品は、特にこの時期ぐらいからチェックしておく事をオススメしますよ!

今回はARC'TERYXの半袖シャツをご紹介いたします
実はこれ、私も去年の夏にBEAMS(ビームス)で一目惚れして衝動買いした逸品で、
サラリとした着心地や美しいシルエット、そして機能性など様々な面から見て、
今まで出会った半袖シャツの中で最も素晴らしいと感じたものです!

生地についてですが、吸汗速乾性のハイテク素材を使用しており、
表面の撥水性が極めて高いので、多少の雨であればバシバシ弾きます。
またストレッチが効いており、シルエットが逆三角形で腰周りを絞っていますが、
肩や腕周りなどがまったく突っ張らないので、動きやすく非常に快適です。
インポートのシャツによくありがちな、着丈が長すぎるという事もなく、
ハイテク素材なので洗濯機で丸洗いしてそのまま乾かすだけでパリっと仕上がります。
そのあたり、アイロン嫌いで面倒くさがりの私のような人にもピッタリです

街着にするのはもちろんの事、アウトドアでもガンガンと使えるのが嬉しいですね。
Tシャツ型の速乾素材のものはよく見かけますが、カジュアル過ぎるのが難点です。
こちらであれば、中に機能性インナーなどを着ても非常に大人っぽく見えます。
真夏のレジャーなど、汗をかくような機会でも快適かつオシャレに過ごせますね!
今の時期、中にボーダーや柄物のロンTなどを着て街着にしても抜群のセンスです。

これからの季節、アウトドアスポーツや大自然と触れ合うことで、
古い考え方を捨てて、今一度新鮮な気持ちで再スタートしたくなりますねヽ(´ω`)ノ

yk01.jpg
楽天でARC'TERYX(アークテリクス)を検索する



ランキングに参加中です。応援クリック御願い致します!(・∀・)