アウターの記事 (1/9)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ten c(テンシー)【ANORAK】”ベンタイルミリクロス”アノラックJacket☆#659 OLIVE


「The Emperors New Clothes」をコンセプトに、
すべての製品に完成度の高さを感じることができるブランド「Ten-C」

そのこだわりは機能性やデザインを追及するというものではなく、「本気で死ぬまで着れる服を作る」という
テーマに基づいています。《 Ten-C 》の製品には、「高密度ナイロンベンタイルミリクロス」と呼ばれる、
日本の企業と共同開発した生地がボディに使用され、雨風をしっかりと防ぎ、かつ通気性も良いという
特徴を持っています。そして、着用を重ねるたびにオーナーの体に馴染んでいき、レザーのような
エイジングも楽しめるという、一般的な化学繊維には無い魅力があります

Stone island(ストーンアイランド)のDivid-tcは生地を研磨していますがが、Ten-cのベンタイルミニクロスは、
あえて研磨をかけず起毛させた自然な硬い生地のままで、この生地感が本当にたまりません

デニムジャケットのようにパッカリングができたり、擦れた部分は光沢が出たりシワが馴染むと、
まさに雰囲気抜群のジャケットとなります。別売のダウンライナーを装着すると、真冬でもばっちりです
非常に丈夫な軍用生地ですので、撥水性も良く、防風性も極めて高いのでバイク等にもオススメです。
個人的には厚手のインナーダウンを中に入れて、アウトドアウェアとして活用したいですね。
野暮ったくジーンズやカーゴパンツに合わせてブーツが鉄板ですね!
私も所有して3年目ですが、光沢感とパッカリングが最高にカッコイイです

楽天でTen-c(テンシー)を検索する
スポンサーサイト

DESCENTE(デサント) 水沢ダウン/高機能ダウンジャケット エンデュラス/ENDURANCE/MADE IN JAPAN/日本製/ コーデュラ®ナイロン/CORDURA®/熱圧着ノンキルト加工/止水ジッパー

img63042276_01.jpg
DESCENTE(デサント) 水沢ダウン/高機能ダウンジャケット
エンデュラス/ENDURANCE/MADE IN JAPAN/日本製/
コーデュラ®ナイロン/CORDURA®/熱圧着ノンキルト加工/止水ジッパー 95,000円


スポーツウェアの製造・販売を行う日本のメーカーDESCENTEの、
水沢工場製高機能ダウンジャケット、通称「水沢ダウン」です

日本製の上質なダウンジャケットといえば、やはり水沢ダウンですが、
アクティブでスポーティーなデザインが多い中、アーバン(都会的)なモデルも良いですね。
ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維であるコーデュラ®(インビスタ社)を、
全面に使用したENDURANCEは、ミニマルな都会的ファションと相性抜群です

熱圧着ノンキルト加工により、ダウンジャケットの弱点である縫製の解れの問題を廃し、
またシームテープによるフルシーム加工や、止水ジッパーも採用されていることから、
縫い目からのダウンへの水の侵入などを防止し、雨の日の屋外でも快適に過ごせます。
またコーデュラナイロンであるため対摩耗性にも優れていることから、バイクツーリングや
アウトドアイベントなどハードな環境でも安心して使う事ができるのも素晴らしいです。

スポーティーな着こなしにも合いますが、ストリート的着こなしにも合いそうです。
MONCLER(モンクレール)などのハイブランドとは違い、気軽かつラフに着れるので、
細身のスウェットパンツやパーカーに、さらっと羽織ってもお洒落ですね
ハイブランドのようにタイドアップしても、カジュアル過ぎずモード感が漂います。

個人的には、ダウンジャケットは「快適かつ気軽に使用できる」というのが最高です。
MONCLERなどのハイブランドも高級感があって良いですが(私も所有しています)、
本来気張って着るようなものではなく、気軽に羽織れるというのが理想ですね。

定番のアウトドアブランドではなく、あえて高機能ダウンを選ぶヽ(´ω`)ノ最高です

dalt3372-04_01.jpg
楽天でDESCENTE(デサント)の水沢ダウンを検索する

FREEWHEELERS(フリーホイーラーズ) THE VANISHING WEST 1930's LEATHER SACK COAT/レザーサックコート "GUTHRIE" DEER SKIN/ディアスキン/鹿革 JET BLACK

freewheelers1321010a_01.jpg
FREEWHEELERS(フリーホイーラーズ)
THE VANISHING WEST 1930's LEATHER SACK COAT/レザーサックコート
"GUTHRIE" DEER SKIN/ディアスキン/鹿革 JET BLACK 228,900円


アメリカのリアルな歴史から生まれた服を、ヴィンテージウェアに見られる生地やディテール、
パーツなどに着想を得ながら、最高レベルのクォリティを目指して創作するファッションメーカー、
FREEWHEELERS(フリーホイーラーズ)です

鹿革(ディアスキン)の質感は、マットな雰囲気と高級感が調和して本当に素晴らしいですね!
数ある革の中でも非常に柔らかくしなやかで、丈夫で水にも強いという特性があるので、
バイク用グローブなどにも使用されますが、やはりジャケットでも凄い迫力があります

仕立ての良い上質なレザージャケットを一つ持っておくと、非常に便利でお洒落です。
パーティーほど気取らず、普段着ではちょっと…という機会でも役立ちます。
RRLなどの定番アイテムにはもちろん、ハイブランドにも抜群に合わせやすいですね。
上質なウールスラックスにさらっと羽織って、ストールを合わせると最高です。
若者が気張って着るのも良いですが、白髪混じりでヒゲのロマンスグレーなオジさんが、
色褪せたBDシャツの上から渋く羽織っても、最高にイカします煙草が似合う。

個人的には、ジーンズなどの定番よりもチノパンやウールパンツに合わすのが好みですね。
インナーも、アースカラーのハイゲージのニットなどを言わせると無骨です。
独特の質感がありますから、キメキメよりはユルユルがオススメです。
コットンジャケットのように着潰すほど、光沢が出てきて最高に恰好良くなります。

無骨なライダースも最高ですが、こういうのも一着欲しいですヽ(´ω`)ノ

BROWN'S BEACH JACKET(ブラウンズビーチジャケット) LAPEL JACKET ビーチクロス/BEACH CLOTHES

bb7224-2012-a_01.jpg
BROWN'S BEACH JACKET(ブラウンズビーチジャケット)
LAPEL JACKET ビーチクロス/BEACH CLOTHES 52,000円


1901年米国マサチューセッツ州にて設立され、強風雨や寒さといった過酷な条件下で働く
シーマン、ハンター、ワーカーなどに愛されたブランドBROWN'S BEACH JACKETです

同社を代表する独自素材といえば、やはりコットン26%とウール74%の混合生地である
ビーチクロスですが、やはりこの無骨ながらも温かみがある素材感は最高ですね!
表地は通称「ごま塩」と呼ばれるヘリンボーン生地のような柔らかい立体感のある雰囲気で、
裏地は起毛されたふわふわしたフリースのような生地感です。面白いですね!
織り機が限られるため再現するのが大変難しく、オリジナル含め希少性が高いです

私もビーチクロスのアイテムを所有していますが、生地の持つ独特の風合いはもちろん、
個人的に最も魅力を感じるのは、着心地の良さと耐久性の高さです。
ウール100%のニットアイテムはどうしても生地の伸び縮み(型崩れ)が発生しやすいですし、
汗や汚れが付着するとクリーニングが一般的で、自宅で洗濯するのには神経質になります。

しかしビーチクロスは基本的に40℃のぬるま湯の手洗いで全く問題ないです。
一度ネットに入れて洗濯機で丸洗いしたこともありますが、これまた問題なしです。
いや、むしろ目が詰まることで生地に立体感が出てきて良い雰囲気になりました

もともと漁師や木こり、猟師や肉体労働者に愛されたという歴史からも分かるように、
FILSON(フィルソン)のマッキーノクルーザーばりの着潰しが可能だと思います。
インナーにネルシャツやデニムシャツなどを持ってくれば、ばっちり決まります。
またウールやツイードの細身パンツを組みわせてラフにタイドアップしても良いですね

秋冬のアウター素材として、温かみがありながら大人っぽく落ち着きのある雰囲気を持つ
ビーチクロスは要チェックではないでしょうか。私は今季イチオシしています。
高価格なのがネックですが、むしろ希少性のおかげで街中に氾濫しないのが良いです。
旬アイテムであるローゲージニットなどは、アクリルコットンなどで安価にできるので、
気付けば街中の若者がみんなそれを着ている事態になりかねません

やっぱり大人の余裕がある着こなしをしたいですよね~ヽ(´ω`)ノ

img58924406_01.jpg
楽天でBROWN'S BEACH JACKET(ブラウンズビーチジャケット)を検索する

Patagonia(パタゴニア) PrimoDownJacket/プリモダウンジャケット GORE-TEX®パフォーマンスシェル

30470-155_01.jpg
Patagonia(パタゴニア)
PrimoDownJacket/プリモダウンジャケット GORE-TEX®パフォーマンスシェル 47,505円


米国カリフォルニア州に本社を置き、登山用品やアウトドアウェアなどの製造販売を行いながら、
環境保護活動にも積極的に力を入れているナショナルブランド、Patagoniaです

個人的には、厳寒期のアウターとしてダウンジャケットは必ず所有すべきだと感じます。
ファッション性という観点からはやはり野暮ったい印象がありますが、1着あれば重宝します。
例えば年越しの行事や大雪の日、気張らずさくっと羽織って出かけるような飲み会など
高性能のアウターを所有しているだけで安心感が違いますし。意外と使い回す機会も多いです

PrimoDownJacketは2層構造のGORE-TEXシェルにより防水性と透湿性に優れる一方、
700フィルパワーのプレミアム・ヨーロピアン・グースダウンを採用しており保温性は抜群です。
厳寒期のウインタースポーツはもちろん、耐久性に優れているのでバイク通勤にもぴったりです。
問題は高価格なところなのですが、上記のとおり型落ちモデルであればかなりお得ですね!

個人的には、こういったシーズンの機能性アウターは中途半端なものを買うよりも、
ちょっと奮発してでも、使いやすく高機能のものを購入する方が絶対に良いと思います。
実のところ「快適性を確保する」というのは、自分が思っている以上に重要です。
例えばバイクの長距離ツーリングでも快適性を優先させると疲労感などが全く違います。
雨にあって体調を崩したり、判断力が鈍って交通事故を起こしてしまうようなことを考えれば、
これほどの価格帯であっても、結果的には安上がりに済むのではないでしょうか。

1年単位ではなく、5年10年単位で使える逸品ですヽ(´ω`)ノ

STONE ISLAND(ストーンアイランド) THERMO REFLECTIVE JKT/サーモ リフレクティブ ジャケット

img60322350_01.jpg
STONE ISLAND(ストーンアイランド)
THERMO REFLECTIVE JKT/サーモ リフレクティブ ジャケット 105,000円


1983年イタリアのSPORTSWEAR COMPANY社により立ち上げられた
ラグジュアリースポーツウェアブランド、STONE ISLANDです

STONE ISLANDといえば最先端の素材開発や染色、縫製技術やウォッシュ加工技術を
誇るブランドであると同時に、フーリガンのステータスシンボルとして有名ですね。
左腕の腕章(ウィンドローズ)はまさにその頂点たる気概を象徴しています。

その中でも特にこのブランドを代表するのが、生地の表面温度が15度以下になると
徐々に黒色に変化する素材を採用したICE JACKET(アイスジャケット)や、
液状のグラスファイバー(ガラス繊維)と染料に浸したスポンジで
表面生地をコーティングしたREFLECTIVE(リフレクティブ)シリーズです。

今回紹介するのは、何とその二つの特徴を融合させた最新モデルとなります!
ICE JACKETほど色味が強いわけでもなく、REFLECTIVEよりも派手すぎないという
絶妙なバランスは本当に素晴らしいですね。デザインも近未来的です。
もちろん腕章はシーズンの最先端技術を駆使したモデルにのみ搭載される白タグです。

冬場はどうしても保守的な着こなしになってしまったり、落ち着いた色味を選びがちですが、
こういった遊び心のあるアウターを上手く着こなすと、上級者っぽくて大変お洒落です
もともとがグレーベースなので、発色の良いニットなどと合わせても綺麗にまとまります。

特に意識をせず、ざっくりとラフに着るのが恰好良いブランド!ヽ(´ω`)ノ

stone-island-massimo-osti_01.jpg
楽天でSTONE ISLAND(ストーンアイランド)を検索する

Patagonia(パタゴニア) Shelled Synchilla® Jacket/シェルド シンチラ ジャケット

IMG_2491_01.jpgIMG_2493_01.jpg
Patagonia(パタゴニア)
Shelled Synchilla® Jacket/シェルド シンチラ ジャケット(私物)

米国カリフォルニア州に本社を置き、登山用品やアウトドアウェアなどの製造販売を行いながら、
環境保護活動にも積極的に力を入れているナショナルブランド、Patagoniaです

DWR(耐久性撥水)加工された耐風性ナイロンシェル、保温性に優れたソフトシンチラ・フリース、
頑丈で手入れがしやすく、それでいて2万円アンダーというコストパフォーマンスに優れた価格帯。
Patagoniaを代表する逸品としても名高いシェルド シンチラ ジャケットの復刻版を入手しました!

学生時代、古着屋で入手したこれのオリジナルとEVISU(エヴィス)のジーンズを、
毎日のように着倒していたのを思い出します。いやあ本当に懐かしい。
若気の至りでコンビニで買ったビールとつまみで公園で友人達と酒盛りしてたような時に、
急に雨が降ってきてボトボトに濡れてもインナーには水分は一切染み込まず、
そして保温性も損なわれることなく、一人だけホッコリ快適だったのも良い思い出です

当時はロンT1枚で真冬も十分乗り越えることができましたが、復刻版はどうなのか期待です。
どことなく作業着のような野暮ったい雰囲気が漂いますが、むしろレトロ感があって最高です。
私はド定番どおり501XXなどのジーンズと一緒に着ようと思いますが、ワンサイズ下げて
細身のウールパンツなどと合わせて都会的な着こなしをしても斬新でお洒落だと思います。
ミニマル・モードなどが好まれている中で、むしろ若者には新鮮なのではないでしょうか。

雨や雪にも強く保温性も高いので、コンビニ着やちょっとした散歩などに着るアウターとしても
間違いなく重宝すると思います。またラグランスリーブなので動きやすいのが魅力的ですね。
オススメカラーはやはり落ち着いた雰囲気のあるClassic Navy(クラシックネイビー)ですが、
Red Delicious(レッド)も捨てがたいです。ニット帽と合わせてカジュアルにすると良さげです。

正直言って買って後悔することはないですヽ(´ω`)ノ

patagonia01.jpg
Patagonia(パタゴニア) オンラインショップ 商品ページ

MONITALY(モニタリー) HARRIS TWEED BLAZER/ハリスツイード ブレザー Made in USA/米国製/アメリカ製 3 pockets grey/グレー

img57608974_01.jpg
MONITALY(モニタリー) HARRIS TWEED BLAZER/ハリスツイード ブレザー
Made in USA/米国製/アメリカ製 3 pockets grey/グレー 66,800円


1989年米国カリフォルニア州にてYUKETEN(ユケテン)の日本人デザイナーとしても有名な
ユキ・マツダ氏によってプロデュースされたファッションブランドMONITALYです

「Monica(サンタモニカ=Santa Monica)」+「Military(ミリタリー)」+「Italy(イタリア)」を
もじった造語で、ヴィンテージのディテールにこだわり、自然、文化、地域、過去と現代が
クロスオーバーした独自の世界観を提案しています。

いやあ、やはりHARRIS TWEED生地を使ったジャケットは素晴らしいですね。
何処となく野暮ったい雰囲気がありながらも、紳士的な佇まいも感じます。
個人的にはツイードの質感は欧米人だけじゃなく日本人の顔立ちにも似合うと思っています。
無精ヒゲやハンチングキャップ、藍染シャツやリネンシャツなどと合わせることで、
古き良き日本のようなノスタルジックな雰囲気や下町の情景とも抜群に合います。

定番ですがウエリントンタイプのセルフレーム眼鏡やレザー製のカメラバッグなど、
これまた雰囲気あるアイテムと是非ともコーディネートしたくなりますね。
ツイード生地は丈夫でシワになりにくく、水洗いも可能なのでメンテナンスも楽です。
秋から冬にかけての旅行シーズンなどにも非常におススメですね

私はテーラード(ブレザー)ジャケットは、いちいち気張って着たくないのもあって
こういった着るたびに風合いが良くなっていくようなタイプが好きです。
適当に丸めてソファに投げ出しておいたり、汚れたらハンガーにかけてシャワーで
水をザーッとかけて洗えるようなノリこそ、無骨で最高にカッコいいです。

旧い洋画に出てくるようなこの雰囲気、最高ですヽ(´ω`)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。